冷え性原因と対策のための運動!体操!林修今でしょ講座

林修の今でしょう講座で冷え性の原因と対策

それをするための運動や体操を教えてくれました。

冷え性は誰も寒いと感じないのに冷え性と感じることが
山口勝利はいいます。

肩こり腰痛便秘生理痛うつが
冷え性によって起こりやすくなっているのです。

冷え性と冷え性でない人の温度をサーモグラフィーで見ました。

顔は温まっているのに足や手は冷えきっているのです。

冷え性の人の身体は一体何が起こっているのか?

問題1そもそも冷え性は何の力が弱いから起こる症状なのか?

筋肉のポンプが弱いから起こるものなのです。
手足の先が冷えるのは筋肉の問題なのです。

人の体はなぜ温かいんでしょう?
心臓や筋肉のポンプで血液が循環しているのです。
手足が冷えるのは血液を運ぶ筋肉が弱いことで血流が悪くなるのです。

筋肉をつけるのも1つの策ですが
それだけが原因ではありません。

そこで問題2

筋肉雨の衰えと2つある原因

真鍋かおりさんは運動しても冷え性が治らなかったので。
やっぱりそういう原因があったんだと思いました。

答えは
水分不足
食生活のみだれ

なのです
水分が不足したり食生活の乱れが多くなると
血液が粘立こくなり血液の循環が悪くなるのです。

そうすると身体の隅々に血液がいきづらくなるのです。

冷え性は冷たいだけだから身体に問題はないかなと思うのですが、
感染症や癌に繋がる可能性も。

問題3冷え性をほおっておくと重大な問題になりやすい。

それは免疫力が下がるからなのです!

体温が1度下がると免疫力が30%下がるんです。

がん細胞も35度の体温と37度の体温で
がんが減るスピードが35度のほうが遅いのです。

次の問題です。

冷え性が男性より女性の方が多い理由は?

冷え性が男性より女性のほうが多いのは筋肉量が多いから
そして脂肪を熱を通しにくいので冷え性になりやすいのです。

冷え性は一度冷めると温まりにくくなるのです。

次の問題は

男性の冷え性はある原因で増えてきたのです。

ストレスによって冷え性の男性が増えたのです。

身体の体温調整している司令塔の
自律神経のバランスがくずれて冷え性に繋がるのです。

自律神経とは無意識に血液を流したり内蔵を動かすことです。
その1つに体温を調整する機能があります。

そもそも
体温が高いと汗を出して体温下げる
体温が低いと体温を調整して体温を保持するのです。

ストレスは自覚症状無くても身体のストレスを感じている。

では、
自覚症状のないストレスの見分け方は
手のひらに汗をかくことなのです。

よく変な汗でてきたというのがその汗になるのです。

次の問題です。
隠れ冷え性というものがあります。

隠れ冷え性はどこが冷える冷え性なのか

お腹が冷えることなのです。

大事な臓器が詰まっているので身体は優先的に温めるようにするんです。

冷え性でも手足が冷えていても
体温を保とうとしているのですが、
隠れ冷え性は内臓が冷えていると
臓器の働きが悪く危険な状態なのです。

冷え性に効果的なお風呂の働き方は?

ぬるま湯につかるなのです。

38~40度ぐらいがぬるま湯になります。
20分首までしっかり浸かるのです。

熱いお湯に入ると1時間後に手足がすぐに下がるのですが、
ぬるま湯だと1時間でも手足は温まっているのです。

ぬるま湯が効かない場合は
温冷浴がおすすめ

40度のお湯に40秒ほど入って
手足に冷たい水をかける

血管のストレッチになるのです。

繰り返すことでけっかんが鍛えられます。

冷え性対策で靴下を履くのはまるかばつか。

靴下を履くと毛細血管を締め付けて血流を悪くなり
足の裏は体温調整して汗をかきやすくなっているのですが、
それを靴下を履くと汗で靴下が湿り結果的に冷えることに。

もし靴下をはくなら締め付けが弱く通気性がよいもの。

おすすめはレッグウォーマーで
足先だけは覆わないようにしましょう。

全身の冷えによって食欲がでないことがあるのです。

冷え性に効果的な防寒アイテムは?

耳あて
マフラー
手袋
タイツ
腹巻き

どれでしょうか!?

一番効果が高いのが腹巻きなのです!

身体を温めやすいのは腹部大動脈という太い血管があるので
唐揚を温めやすいのです。

お腹周りだけでなく
手足も温まっていくのです。

身体を暖める効果がより期待できる生姜の食べ方は?

加熱するのがいいのです!

しょうがは冷え性に良いと言われますが、
生で食べると殺菌や免疫力を高める効果になるのです。

加熱することでショウガオールという効果がでるのです。

冷え性におすすめなのが
はちみつしょうがなのです!

しょうがをはちみつにつけたものを
お湯と一緒に飲むのです。

蜂蜜のオリゴ糖とショウガオールが
はちみつが腸内細菌もよくしてくれるのです。

朝食に食べると効果的なものは?

ゆでたまごなのです。
コーヒーとサラダは身体を冷やすようです。

ゆでたまごのタンパク質は
消化する時に内蔵が動き熱を出して温まりやすくなるのです。

身体を温める体操があるのです。

タオルを用意
四つ折り
ワキの下にいれこんで
肩甲骨に食い込ませる

タオルを引っ張りながら

お風呂上がった時に1分ぐらいお風呂の中でやったり

斜めがけにして首から肩甲骨にかけてなどもいいんです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です