免疫力活性化の腹式呼吸と寝方と風呂の入り方は?家庭の医学たけしの

インフルエンザは今から流行していくのです。

免疫力を高めることが大事なのです。

がん細胞もがん化した細胞が毎日できています。
それをしっかり殺すのが免疫細胞なのです。

ナチュラルキラー細胞で
がん細胞を殺してくれるのです。

ナチュラルキラー細胞が働いてくれないと
がん細胞は消えること無くどんどん発生していくのです。

免疫力を落とすのが加齢なのです。
最近は免疫力アップの可能性が増えているのです。

免疫細胞は身体中にリンパ節でスタンバイしているのですが
定期的にパトロールして異物を発見したら攻撃やまいから
身体を守っているのですが、

何らかの状況でサボってしまうことがあるのですが、
それが免疫力定価に繋がるのです。

免疫細胞に起きることがひとつ目のキーワード

食後に20分間ある簡単なことをすること。

3人の人に協力してもらうことに
免疫力の低下を感じて
口内炎で来やすい
疲れやすい
風邪ひきやすいという3人でした。

その人達にnk活性検査をしたところ、
全員3人共基準値よりさがっていたのでした。

先生のすすめのやり方は昼食後2時間後にやる方法があるのです。

みなさん簡単すぎてこれでいいの?という感じですね。

それをやった結果nk活性検査23だった数値が43になったのです。
nk活性検査数値が20だったのが30になり、
nk活性検査数値が上がったのです。

さらに一番ひくい6だった人は17までいったのです。

基準値は25だったのですが、みんな免疫力がアップしたのです。

免疫力を上げるある方法とは?

昼食後2時間後に横になるだけなのです。

鍵になるのはリンパの流れなのです。

リンパ節からリンパが流れていくのですが、
リンパ液に含まれるタンパク質が勢い良く流れることによって
リンパが流れていきます。

リンパの流れが悪くなると
タンパク質の流れも悪くなり
リンパも流れなくなります。

研究で明らかになっているのです。

もっともいい方法が横になることです。

リンパ液は
血液のようにポンプ機能がないので血液が滞りやすいのです。

下半身に特にたまりやすいのです。

横になることで足へ溜まったリンパが上半身へ戻ってくるのです。

タンパク質が大量に流れこんで
リンパもどんどん流れやすくなるのです。

そして寝たあとにこれをするとさらに大きい効果が

腹式呼吸をすることで効果が上がるのです!

腹式呼吸をすることによって
リンパ中核の部分が動きやすくなりリンパを活性化にさせるのです。

食後にやらないとダメなのです。
食べた油物が象徴から吸収されリンパ管からいくので
食後2,3時間からリンパ管から流して充満させるのです。

腹式呼吸で
鼻から息をしている時にお腹を膨らませます。

20秒から30秒を20回やっていきます。

前田まさはる医師は寝る以外にも方法があるというんです。

免疫細胞は敏感で温度が1度上がると

1度上げることで免疫細胞が鍛えられることに。

nk細胞を1.3倍上げる方法があるのです。

寝ながら腹式呼吸+お風呂の入り方を実践したら驚きの結果がでたのです。

そんなに免疫細胞がどんどん活性化されるなんて最高ですね!!

温かいお風呂に少し時間をかけて入るということなのです。

41度のお湯に方まで浸かり15分位つかる。
それで深部体温を1度上げるのです。

額に汗がかくぐらいあたたまるといいのです。

たったそれだけなのです。

被験者の海野さんは
最初は20だったのが43まで上がり
基準値の25から大幅に上がったのでした!

それだけ基準値が上がって免疫向上して
最高の状況ができましたね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です