癌になった時医者が見てもらいたい医者は?辛坊コロシアムで紹介

もし自分が変になった場合に医師が見てもらいたい医師を辛坊さんが、
司会を務めている、直撃コロシアムと言う番組でされていました。
その中で医者の方が間になった場合に、
自分が見てもらいたい医者は誰かということをしていたのです。
その中で出て行ったお医者さんたちを紹介していきます。

スポンサードリンク

20万例を見てきた工藤医師。

宮島医師は、衣笠雄介石を選びましたロボット手術で日本1。
静岡がんセンターでダヴィンチ。という機械があり、
消化器外科部長衣笠人間の同級の細かい動きができ、
ブレがなく、細かい新店が集中している場所でも大丈夫なのです。
直腸癌手はとても友好的な機械たヴィンチたのです。
衣笠医師ならダヴィンチを使い、
ロボット手術では日本一のレベルなのです。

松崎圭介医師なら腹水の治療でもおすすめ。
肺がん死亡で診てもらいなら、高橋和久。
の方たちの医師がお勧めのようです。

癌対策でオススメの食べ物は?
工藤医師はコレステロールが少し高いぐらいの方が、
死亡率が低いという統計が出ているのです。
それを考えると聞くと食べるというのはとても大事なのです。
コレステロール値が高い方が長生き率が高くなっているのです。
週3回食べるとお勧めと言われていました。
肉を食べる方が癌にならないというデータも出ているのです。

栄養学のスペシャリスト細井医師のおすすめは、
納豆とチーズを食べるのがおすすめなのです。
納豆にチーズを入れて炒めるだけです。
癌予防は、腸内環境を整えることが大事なのです。
納豆は、発酵食品なので発酵食品の母もプラスされて肝細胞予防にとても良いのです。

小林医師のガン予防法は、歯磨きをしっかりすることです。
歯周病菌が入っていくと、肺や膵臓、腎臓などに入っていき感を引き起こす可能性があるのです。
歯磨き粉はつけすぎてしまうと反対に、
歯周病の原因になってしまうのです。

磨き方のポイントは、
歯と歯茎の間にブラシを入れるイメージで、
1日3回特に寝る前は5分以上磨くことが大事なのです。

こげを食べると、
体に悪い癌になるということは言われていましたが、
これは誤った情報で、
これは1トン食べないと1日に1本食べない限りは、
体に悪いということはないようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です