井山裕太七冠達成!賞金や年収は?嫁はいるの?

世の中には天才と言うものがいますが、
やっぱり凄い人は凄いですよね。

天才と言うのか、
登録ができる天才と言うのか、
ただひたすら好きなことをやっていたら、天才的な状態になっていたのか
本当に素晴らしい人っていますよね。

そんな天才的な1人として、
井山裕太(いやま・ゆうた)さんという方がいます。
現在26歳で、囲碁のタイトル6冠
保持していたのですが、20日に十段を奪取して、
囲碁界では初めて全7大タイトルの同時制覇を達成した。

となったようなのです。

本当にすごい方ですよね。

井山裕太(いやま・ゆうた)さんはどういう方なのでしょうか?

1989年生まれ東大阪市に生まれ

5歳で父が買ってきたテレビゲームで囲碁を覚えたようです。
そこからアマチュアの講談社の祖父から西風を受けたようです。
小学校入学前の時にすでに半年で5キロまで行ったようです。
さらにそこから散弾まで行き、番組の解説者である石井邦生九段に弟子入りし、
12歳でプロ入りをして、
史上最年少20歳4ヶ月で、名人位人なりました。
そして九段に昇段しました。
今回十段に昇段したということになります。

優勝回数は歴代七位でなんと三六回

545勝197敗と言う素晴らしい成績を収めています。

これだけの成績を残されている、

井山裕太(いやま・ゆうた)さん賞金や年収などはどのようになっているのでしょうか?

2015年の賞金や対局料ランキングと言うものがあるのですが、
その時に、井山裕太(いやま・ゆうた)さんはなんと1位を取っているのです。

総額は過去最高の1億7,212万円
なんと過去最高の金額なのです。

さらに5年連続の1位でこれまでの最高額は、
13年の時の1億6,061万円だったのです。

賞金金額の驚異的な金額に本当に驚いてしまいますね。

この金額だけを聞いても本当に驚いてしまうのですが、
以後の世界はみんながみんなこんなに賞金がもらえるわけではないのです。
1,000万円を超えてる人は、以後では1割に満たないようなのです。

デビューしたての場合などは、 200万から300万円と言う賞金になるようです。

それに比べて1億越えをしている井山裕太(いやま・ゆうた)さん
の凄さはわかりますね。

嫁さんはいるのでしょうか?
将棋の女流棋士室田伊緒さんと結婚をされていたようなのですが、
すれ違いなどにより、離婚後されてしまったようなのです。

どれだけお金を持っていても、どれだけ強くあろうとも、
一緒にいれる時間が少なかったり寂しいと言う気持ちはどうにも埋められなかったのでしょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です