ベッキーが週刊文春送った謝罪の手紙の内容は?炎上必須の内容は?

ベッキーさんと、ケースの極み乙女の川谷絵のんさんの不倫騒動もなかなかのマスコミの叩きっぷりでしたね。マスコミもそうですし、世間も相当叩きましたね。そのベッキーさんだけ相当叩かれて終わったという感じでしょうか。川谷絵の山は今でも普通に仕事をしていますし、釈明もそこまでしていない状態です。今でも普通に結婚しながら生活していますし、一番損をしたのはベッキーさんではないでしょうか。さらに、ベッキーさんのほうも、奥さんがいたというの最初伝えられないまま付き合って半ば騙されたわけですが、それでも不倫関係をやめなかったのは悪いのですが、本当に悪いのは川谷矢野さんと思ってしまうのは私だけでしょうか?そんなこんな色々大変な状態があったわけですが、ベッキーさんは活動休止状態で、川谷絵音さんは今でもノウノウと何もなかったのように生活していますね。そんな中でベッキーさんから週刊文春への手紙が届いたようなのです。週刊文春によって数々の不倫の状況が明かされてきたわけですが、たった1記事によって、ベッキーさんの人生は完全に変わってしまいましたね。ここまで人生一気に転落してしまうものなのだと怖さを知ってしまった一件ですね。あれだけ売れに売れていたベッキーさんですが、ここまでもマスコミや世間に叩かれてん否定されていて、本当に最悪の状況でしたね0その中で、ヘキサンが瞬間文春絵手紙を送ったそうなのです。手紙やベッキーさんが所属事務所のサンミュージックを通して、社長の相澤正久氏から週刊文春に送られたようなのです。その内容は、便箋5枚に渡って騒動が発覚した頃から、現在の心境までをこと細かに綴っているようなのです。そして一番重要なことは、ゲスの極み乙女。の川谷絵のさんとの不倫関係の事が一番気になるわけです。

その内容を認めた上で今の心境が書かれているようなのです。今まで散々否定をしてきたわけですが、友達ですということを言ってごまかしてきたわけなのですが、それまでの発言を否定して不倫関係を認めて話をしたようなのです。

今までの状況を言いますと、2015年の10月頃からベッキーさんと川谷さんが食事に行くことがだんだん多くなっていったようなのです。それに対して奥さんが気づき始めたのです。

川谷絵の山都駅が出会ってから1ヶ月後奥さんは離婚という言葉を言われたのです。そしてその原因はベッキーさんになったのでした。

ベッキーさんと川谷さんはクリスマスの宿泊デートをして、帰宅後に、
離婚をその時にまた迫ったようなのです。

そこから週刊文春が不倫騒動を見つけてん記事にしてそこからどんどんベッキー
さんの転落人生が始まっていたわけです。

そんな事がありながらも、大晦日にベッキーを家族を紹介しに行ったわけなのです。

こんな一部始終があったのですが、手紙の内容はどのようなものだったのでしょうか?

川谷さんへの気持ちやもありません。
週刊文春さんが奥様とのやりとりのしている記事を読んで、そこで初めて気持ちを知り自分の気持ちの整理ができました。

と言う内容が記されているようなのです。
さらには、不倫を認めた上で、
ただの友達ということで質疑応答を記者会見で入れなかったことを
謝罪しているようなのです。

ベッキーさんも、まだ離婚も住んでいない状態で話を進めていったのはまずかったですよね。
さらには、ラインの内容を、奥さんが川谷さんのラインを読み取って、
それを週刊文春に売り込んだというのもおかしな話であると感じてしまいます。
奥さんも不倫をされて、仕返しをしたい気持ちもありますが、
そのように人のプライバシーの内容があるものも公に出してしまうということは、
やってはいけない事であるので、いくら腹が立ってしまったとはいえ、
このような事態になってしまったことは辛い状況ではありますよね。

ベッキーさんも、不倫が見つかってから、さらに、LINE などの内容を公表されたことによって、裏の面が見えてしまったり、好感度を下げるようなライン内容ばかりで、
誰も救いようがない状態になってしまいましたね。

さらには、もうすでにこの2人のやりとりは、オワコンな状態であり、もうすでに終わったコンテンツとみなされて、世間からしたらどうでもいい内容なわけです。ベッキーさんが社会的に復活する時期は数年後になるでしょうし、その時には、今までのような好感度のあるタレントとして世間は見ることはなくなっているわけです。そうなってしまうと今後の活動も相当大変になっていくでしょう。

川谷絵音さんは、今でも活動を普通にやられていますし、今大人なのに活動をしていくのでしょうか?
今後2人がどのような方向に向い、世間はどう受け入れるのかが気になりますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です