目の下の青クマ黒クマ茶クマ解消ヨガ体操!林修初耳学で紹介

目の下のクマによって5歳
ふけるという事言われています。
それを解消するためには、
ホットタオルを付けると言う方法があるのですが、
ホットタオルだけでは無く、
さらに良い方法があるのです。

ホットタオルと、
冷やしたタオルを目に当てていくと、
目の下のクマが消えるのです。

しかし寝不足からくる目の疲れの原因のクマだけではないのです。もっと手ごわいクマがあるのです。

温冷タオルをしただけでは治らないクマがあるのです。
普通は青いクマで青クマがあるのですが、
茶クマと黒クマがあるのです!

それにはクマを退治時するマル秘体操があるのです。
茶色いクマは色素沈着にとります。こすりすぎやメイクの落とし方によって茶色いクマができてしまうのです。
ビタミンC 誘導体が配合されている化粧水や乳液などを使うのがいのです。

黒いクマができるのは、目の下の脂肪がたまり、黒いクマに見えてくるのです。彼などによって皮膚のハリがなくなって目の下にたまってくるのです。
ケアの仕方としては、頭皮のマッサージです。全体的に結構良くしていき上に引き上げてくよのマッサージをすると良いのです。
肌にハリを取り戻すと、目の下の黒クマを解消できるのです。

他にも効果的な体操は、ムンクの顔の体操なのです。まず口をこの形にして鼻の下を叱り飛ばします。そのまま目線だけを上に上げます。さらに目を細めて戻すを死後回繰り返していきます。
最後に目を閉じてリラックスします。これを1から3回行っていくのです。

そこから目の下のクマを作って睡眠時間を削ってでも勉強やりましたか?と言う話になったのです。

寝る時間を削ってやると言うことは絶対嫌だったようです。

寝る時間は確保しておきてる時間でやれることをやっていたようです。

林先生は、受験前はほとんど勉強やってなかったようです。

高校3年の8月31日には受験勉強の終了宣言をしていたようです。
しかし中学の時は8時間勉強をやっていたようです。

林先生は、学校帰ってきて7時に寝て、2時に起きて、2時から5時に勉強していたようなのです。
とのやり方がいいんですかという生徒はいろんな勉強方法やっていない。
やってきて、合うか合わないかが出てくる。

頑張っテも成績が伸びないんですと言う人は、

頑張っテルと思っている精神性がある君の心を留めていると言うアドバイスをするようなんです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です