イルカが船に寄るのは人が好きで寄る訳じゃない?林修初耳学

イルカが船に近寄ってくるというのは、
船が前進すると船が全身の力をかけるわけです。

イルカが何故船の近くに寄ってくるかというと、よくいるかが決まる人に寄ってくるということを言われますが、それは人によってきているわけではないのです。

イルカがなぜ船の近くで泳ぐのかと言いますと、
船の下にいることによって、船には全身の勢力が発生します。
それに対して、海の水力は、後に発生していくわけですが、
そこにはうねりが出てくるわけです。
そのうねりの部分にイルカが入ることによって、前進する勢力が生まれてくるわけなのです。
その前進する精力を使っているかは泳いでいくわけなのです。

船の水圧を受けながら泳げるので楽をしながら泳げることができるのです。
イルカは楽をするために船の周りで泳いでいたのですね。

1日50キロから100キロも泳ぐイルカたちは、楽をするために船の推進力を使って移動しているのです。それだけの距離を泳ぐとなるとやはりそのようなことをすれば楽に泳げるので生きるための知恵なのですね。

野生のイルカは酔っ払ういろはがいるのです。フグをキャッチボールするイルカがいるのですが、フグから毒が出てきて、その毒に酔ってしまい、酔っ払うイルカも
いるようなのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です