あずきスープを飲むだけ楽ヤセダイエット作り方やレシピは?ナイナイアンサーで紹介

img_5731f75e63fe5

いくら食べても何を食べてもokなダイエットで
楽ヤセダイエットということでナイナイアンサーで
紹介されていましたね!

スポンサードリンク

それが梅干しと小豆のスープなのです。

1つ目の食材の梅干しはコチラ
小豆にはポリフェノールが含まれていて、
ポリフェノールを摂取するには、赤ワインやチョコよりも良いようなのです。
ポリフェノールには血糖値の上昇を抑えて、
糖が脂肪になるのを抑えるのです。

いつもの食事よりもダイエット効果があるのです。
ポリフェノールには、動脈硬化の原因になるコレステロールを抑えてくれるのです。

アズキには、赤ワインのポリフェノールの.1.5倍から2倍もの値が入っているのです。

赤ワインやポリフェノールの場合は、
吸収されやすい糖質になっているのですが、あずきの場合は吸収されづらい糖質が入っているので、
ダイエットには適しているのです。

小豆を煮た時の煮汁に、
ポリフェノールが溶け出しているのです。

あずきスープに必要なのは、
魔法瓶に50gの小豆を入れて塩を少々、

コンソメをひとかけら入れて

熱湯を400ml入れるのです。

魔法瓶を横にして一晩放置するだけなのです。
あずきのポリフェノールが詰まったあずきスープができるのです。

飲んだ感じは、甘くないおしること言う感じのようです。
おいしいと言うわけではないのですが、毎日飲みやすいものになるようです。

スポンサードリンク

残った小豆にもダイエット効果があるのです。

小豆で注目するものは、
食物繊維の量なのです。

食物繊維は、体内では消化も吸収されない
で、
腸の水分を摂る含んでいくのです。
腸の環境を良くして、痩せやすい腸にしていくのです。

AKB48の島田さんは、
と、残った小豆で、
餃子を作るのでした。
小豆とキャベツとニラをいれて
にんにくを混ぜて、大葉も入れた餃子
の種を作るのです

混ぜた餡を餃子の皮で包んで焼いていきます。
ひき肉の代わりに小豆を使った小豆餃子を作ったのです。

お店で餃子と出されてもおいしいと思う餃子になったのです。
驚きですよね、小豆お使って美味しいものになるなんて。
小豆がお芋のような味になっているようでとても美味しいようなんです。

さらには、ミートスパゲティに小豆を入れるというかレシピも作ったのですが、
ひき肉の代わりに小豆を入れるのですがこれがなんと美味しいと言う声があったのです。
小豆はなんとお肉のようにおいしいようなのです。

ひき肉にっ残った小豆を入れた、
小豆ハンバーグを作ったのですが、
パサパサしていなくて、美味しいようなのです。
あずきの感じも全くせずに、
とても美味しいのです。

驚きですが、なんとお好きなのに美味しいというのはすごいですよね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です