コリジョン(衝突)ルールとは意味や由来は?判定が覆ったり退場はあるのか?

最近野球もルールは新しいルールが加わり、
やはり新しいルールが出てくると、
揉める事が出てきますね。
2016年から日本のプロ野球で採用されている。コリジョンルールというものがありますが、
別名衝突ルールと言うものです。

今回、阪神対巨人戦で、
一悶着がありましたね。

これによって、コリジョンルールが、
話題になっていますね。

スポンサードリンク

まず、コリジョンルールとはどのようなものを言うのでしょうか?

コリジョンルールとは、
走者が、捕手に対して強引に体当たりをすることを禁じること。
捕手のブロックと、走者の走路を妨害すること禁ずること
送球がそれてしまって、やむを得ない状況で捕手がそら内に入っても.なるべく激しい接触は避ける

というのが、コリジョンルール(衝突ルール)になるのです。

簡単に言ってしまうと、
クロスプレーは禁止になり、
補修はランナーに故意に交錯してはいけないと言うものになります。
補修にしたら、
クロスプレーは禁止になるものの、ランナーにはタッチしないとアウトにはならないので、捕手としてはとても面倒なルールになってしまうわけです。
ランナーにボールをタッチしたとして、アウトという判定になったとしても、捕手がブロックとみなされてしまったらセーフとなってしまうのです。

捕手もランナーも怪我をする確立は減るのですが、クロスプレーのアウトかセーフかという判定は息をのむシーンですよね。
そのプレーが見れなくなったというのはとても残念な事ではあります。

このルールに反し危険な衝突や悪質なものとみなされた場合は、
走者に対して警告や退場宣言できると言うルールになるのです。

判定を巡り曖昧な状況の時には、
ビデオ判定が行われるのです。

今回阪神対巨人戦で、コリジョンルールがどのように適用されたのでしょうか?

今回の巨人阪神戦の場合は、
巨人が1対0で負けていた時に3回ツーアウト二塁の場面からの脇谷が、2点目を入れたのですが、
この得点の時に、阪神のセンターの大和選手が捕手に送球をした時に、
捕手の原口選手が、走者にタッチして判定でアウトになったのです。

しかし、そのあとに、巨人の高橋由伸監督の
要望によって、
ビデオ判定に持ち込まれたのです。

そして、その協議の結果、
コリジョンルール(衝突ルール)が適用され、
その結果判定が政府にくつがえったのです。

この結果に対して阪神の金本監督は、
コリジョンルールが適用されたことについて、
球団から公式に要望が出ると思うということで、
憤りを感じていたようです。

そして、このことについて、日本野球機構に意見書を提出する。
ということを言われているようです。

今回の場合は、
センターの大和選手が、
キャッチャーの原口選手への送球をした時に、
原口選手は走行場所を、一瞬またいだだけと言う状況なのに、
それに対して、そう頃に入っていたために、コリジョンルールを提起したということになっており、
妨害をしたというよりは、送球を捕るためにしょうがなく入ったと言うプレイなので、
そのようなそれまで、妨害だと言われてしまうととても困ってしまうわけです。

今回の件がどのようにこれから波乱を起こしていくのでしょうか?

ネットの声はどうでしょうか?
コリジョンルールまじでいらないと思った。
ヤマトの研究とかほんま完璧だった。ほんまコリジョンルールいらん。あの原口のプレイでもコリジョンルール適応されるなんて。クロスプレーでギリギリのところを興奮するのがまた楽しいのに。野球の楽しみや醍醐味がまた減ったな。
コリジョンルールじゃなくて他の走者優先ルールじゃんか。
コリジョンルールどうこうの前に急伸や審判の質が落ちすぎじゃないのかな?
コリジョンルールっている?もうバックホームで刺すことできないじゃんか。
コリジョンるなんか無くしてしまえ。明らかにアウトなのにセーフってどうなんだ。
何にしても今回の判定は気に入らなかった。コリジョンルールって言うけど、あれはアウトだったよ。

というようなネットの声が上がっています。

スポンサードリンク

まとめ

コリジョンルールが浸透して、
怪我が少なくなると言う面では良いかもしれませんが、
クロスプレーのギリギリのプレーが見れなくなるというのはおしいものがありますね。

今後どのように改善されていくのでしょうか?
改善に期待していきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です