越中真知子(ガラス職人)プロフやwikiは?ぴったんこかんかんで紹介された職人

ぴったんこカンカンを見ていたのですが、
吉川晃司さんが出ていたのです。
吉川晃司さんは職人を見るのはとても大好きなようで、休みの日には、職人を見に行くこともあるようなのです。

そんな中で紹介されたのが、

ガラス職人が紹介されました。

そのガラス職人のお皿があまりにも独創的で
どんな方なのか気になったのです!

越中真知子さんという方なのですが、
調整にして、ガラス職人をされていて、
驚くようなカラスの商品を作り出すのです。

独創的なデザインなどを作り、
ガラスのお皿などを作り上げてて
とても驚くような作品を作り上げてしまうのです。

越中真知子さんのプロフィールは?
1953年秋田県大曲市に生まれて
1975年明治薬化大学を卒業されているようです。
1979年に武蔵野美術短期大学卒業し、
1980ガラス工場にて職人修行を開始
されたようです。
そこから10年間修業をされて、
1990年に独立されたようです。
2001年に株式会社 猿江ガラス設立されて現在の工房にいるようです。

現在63歳ながらも、芸術的な作品を作り続ける驚きの女性なのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です