鳥取砂丘にハートマークとのぶの落書き!実は罰金の法律があるんです!

img_575b7499a241d

鳥取砂丘に一度行ったことがあるのですが、
とにかく暑かったと言うイメージです。
夏のあたりに行ったのですが、
汗がとにかく止まらないと言う状況だったのを覚えています。

鳥取砂丘で、砂漠の上でスノーボードの板を
使って滑るというのをしていたのですが、それがしたかったなと心残りがある私です。

スポンサードリンク

鳥取砂丘で、今回ある事件が起きたようです。

鳥取砂丘のことについてfnnで放送されていたのですが、
鳥取砂丘に来た大学生のグループと外国人夫婦がいたようなのですが、
そのグループが、落書きをしたことによって、厳重注意を受けたようです。

その落書きというのは、馬の背と言う場所があるのですが、
縦25メートル、横42mにのぶとひらがなで書き、

縦8メートル、横13メートルにハートマークを書いた落書きだったのですが、

落書きといっても砂の上に足跡つけていったものなのですが、
なぜ厳重注意をされたのでしょうか?
鳥取砂丘では、
巨大な落書きは禁止されていて、
落書きに対して罰金をする砂丘条例と言うものがあるのです。
2008年にその条例ができたようです。

対象エリアは、馬の背の場所に50m 先から見えて十分以上消えない文字や図形を書くと、罰金の対象になり、30万円以下の罰金または、現状回復命令など従わない場合には、さらに50万園以下の罰金を命じることができると言う法律があるのです。

こんな法律があるということも驚きですね。
今回落書きをして問題になったグループも全く知らなかったようで、
国立公園や天然記念物に対する意識が全くなく申し訳ないと反省している
ということのようです。

スポンサードリンク

こんな法律があるというのは驚きですね。

この学生たちや、海外から来た夫婦たちも
思い出作りというかふざけて素直足で固めていっただけなのでしょうが、
こんな法律があったのは知らなかったわけであり、
知らなければ何をしていいわけではないということですね。

しかし、こんなにも大きな落書きをしてしまうのも度が過ぎている面はありますね。
ここまでしたらさすがに問題にもなりかねないという大きさです。

しかし、厳重注意だけで済んでよかったですね。
30万以下の罰金はおそろすぎます・・・

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です