お盆のなすやきゅうりの名前や意味は?精霊馬とはなにか?

img_57601d13094c0

お盆に飾られるきゅうりやナスの飾り物がありますが、
あれはなにを表すのでしょうか?

お盆の時に飾るものですが、
お盆とはどういう関連性があって、
どういう意味があるのでしょうか?
なぜきゅうりやなすなのか?

など書き記していきます。

お盆になすときゅうりで作る精霊馬の意味って何?

なすときゅうりが何に使われるかの前提のお話をします。

お盆にご先祖様は帰ってくると言われていますが、
帰ってくるときにはどうやって帰ってくるのでしょう。

ご先祖様はあの世からこの世へ帰ってくる時は
馬に乗って帰ってくると言われています。

その意味は馬は足が早いためにご先祖様が早く帰って
ゆっくりして欲しいという思いがあるようのです。

そしてその馬を表すのがきゅうりになるのです。

そしてこの世からあの世へ帰る時は、
牛に乗って帰るのです。

「なぜ帰りは馬じゃないの?」
そう思ってしまいますが、
これにも理由があるのです。

帰りはゆっくりと景色を楽しみながら
あの世へ帰ってもらうという思いと、

ご先祖様にお供えしたものを牛に乗せて帰ってもらうという、
思いがあるのです。

そしてその牛に見立てたものが、
なすになるのです。

馬がきゅうり、
牛がなすの
この2つの事を
精霊馬(しょうりょううま)
と呼ぶのです。

ご先祖様の霊が精霊に乗ってくる馬ということで
精霊馬と呼ばれます。

何気なく作ったり飾ったりしているもですが、
ご先祖様が少しでも長くいてもらうための、
考え方が素敵な良い習慣だと感じました。

なぜきゅうりやなすで精霊馬(しょうりょううま)を作るのか?

その時期にとれる旬の野菜だから使うという事のようです。
夏野菜のきゅうりやなすは比較的手に入れやすいことと、
全国的に収穫しやすい野菜のためだと言われています。

沖縄では、
ご先祖様があの世に帰る時の杖としてサトウキビをお供えするようで、
地域によって収穫できるものでの違いがあるようです。

他にも
昔になると、きゅうりやなすではなく、
真菰(まこも)というイネ科の草で
馬型の人形で精霊馬を作っていた
こともあったようです。

今でも真菰(まこも)の馬でお迎えする地域もあるようです。
精霊馬を作るための物は変わっても、
ご先祖様を供養するための気持ちは変わらないのですね。

精霊馬はいつ飾るのか?

8月13日の朝に精霊棚を飾り、
この棚のうえに精霊馬として作ったきゅうりやなすを飾ります。

そして8月13日にご先祖様が迷わないための目印として、
迎え火を灯してご先祖様を迎え入れるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です