お盆2016年はいつからいつまでなのか?

お盆といえば長期休み!
盆と正月の唯一休める時期ですね!

お盆といいますと、
実はいつの時期を指すのでしょうか?

お盆というものは想像したものと違い、
調べてみてお盆とはこういう意味があったのかと、
感心してしまいました。

お盆休みはいつからいつまでなのか?

そもそもお盆というのは、
お墓参りなどをしますが、

お盆とは、あの世へ旅立ったご先祖様を
家に迎えて供養をしてあげるの日になります。

おもてなしをしてあの世へ帰っていくというのが、
お盆になります。

お盆の日というのはいつからを指すのでしょうか?

一般的には
8月13日から8月16日がお盆になります。
東京のお盆は7月13日から16日になります。

この違いはなにかと言うと、
新暦と旧暦の違いになります。

旧暦の場合は7月15日をお盆としていましたが、
日帰りさせるわけにはいけないということで、
江戸時代に7月13日から16日になったのです。

しかし!

明治時代に新暦に変更したことにより、
地域ごとに変わったのです。
それにより、8月15日前後となり、

8月13日から8月16日に行うことになったのです。

また、8月にしたのはもう一つの諸説があり、
農業が忙しい時期があり、その時期をずらすために、
1ヶ月ずらしたという説もあるのです。

8月13日から8月16日がお盆というのは知ってはいましたが、
7月がお盆であったことやこういう経緯があって、
今の文化に馴染むように8月になったのです!

2016年のお盆休みはどうなるのか?

2016年の8月13日から16日は

•8月13日(土)
•8月14日(日)
•8月15日(月)
•8月16日(火)

というようになります。

2016年8月11日(木)からできた祝日の山の日が、
もしかしたら、連休に交わってくれれば最高ですね!

そうすれば、
もしかしたら6連休!
ということもあるかもしれません

ちなみに、山の日は、
お盆に合わせて12日にして、
連休にしようという案もでていたようです。

しかし、この日は日航機墜落事故があったために、
この悲しい日を連休にするのは避け、
8月11日に制定されたようです。

お盆の本当の意味はなんなのか?

お盆の意味はご先祖様を迎え入れて、
ご供養をするためですが、
8月13日に迎え入れて
8月16日には送るのです。

そのために迎え火、送り火という習慣があります。
ご先祖様があの世からこの世へ来るのに迷わない目印の迎え火。
この世からあの世へ帰る時に迷わない目印の送り火。

そのこともしっかり知りながらお盆を過ごしたいですね。

大文字焼きの行事も送り火として、
ご先祖様がをご供養するための行事だということを知ってましたか?

終わりに

お盆はご先祖様のご供養のため、
というのは知っていましたが、
地域によって7月の場所があり、
8月の場所があり、それがまとまって
今のお盆の時期があるということがわかりました。

お盆というのは、実は本来正式な祝日ではないのです。
ですが、企業が独自のお休みにしているのです。

お盆休みは帰宅ラッシュや交通マヒが必須です。
出かけるにも計画的に動いたり、
実家に帰るにも早めにチケットをとったりすることが必須です。

盆と正月ぐらいしか無い長期休み、
しっかりと計画をたてて休みたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です