戸田奈津子翻訳一本のギャラや報酬は?本音ではしご酒に出演!

本音ではしご酒に出られていましたね!

映画翻訳家まででてしまうとは誰でも呼んでしまいますね!

映画翻訳家の戸田奈津子さんが出ていました。

映画翻訳の世界って色々と大変みたいです。
どれだけキャリアが長くても、
ギャラはかわらないようで、
この現実には驚きました。

普通に仕事していたら何年間もすればするほどもらえるお金って変わるはずなんですけども
映画翻訳の仕事って、それがないみたいなんです。

1本あたり貰えるギャラの金額は変わらないようなのです。

1本あたり約40万円と言う金額が相場のようです。

実際に浜田さんが一本2000万円もらえるんじゃないんですか?と聞いたらとそこから02ケタ取ってください。というように言われていたので、
数十万円が相場なのでしょうね。

しかし、戸田奈津子さんの場合は、1週間に1本程度仕事をしていて、48作品程度年間やるそうなので、約50分と考えた場合に40万円ということは、年収2000万円という金額になりますね。

そう考えると、大きい金額をもらっているじゃないかというふうには思えてしまいます。

しかし仕事自体は大変な仕事で
1週間に1本を仕上げなければいけませんし、
納期があるのでそれに間に合わせなければなりません。

さらに、1人で孤独にする仕事なのでとても大変なようなのです。

人を簡単にして何人かでやれればいいのですが、
そうしてしまうと、
ストーリーの言葉の言い回しなどが2人に分担されてしまうと
言い回しが悪くなってしまったりするので、
映画翻訳の作業は1人でやらなければならないのです。

さらには、しっかりと言葉尻を合わせなければいけないので映画に集中してもらいたいためにしっかりと合わせるのも大変なようなのです。

しかし戸田奈津子さんは映画翻訳と言う仕事好きでやっているということを何度も発言していて、
好きだからこそやっていける仕事なんでしょうね。

それだけの大量な仕事数をこなしながらも、好きでやっていける戸田奈津子さん、本当に素晴らしいですね。

翻訳の仕事などをしている以外にも通訳の仕事などもしているので、ありがと俳優と仲良くなる機会も多いそうで、そんな中で嫌いなハリウッド俳優さんもいるようなのです。

1000人に5人くらいはこの俳優さんは、嫌だと思ってしまう人もいるようです。

威張っている人などが多く消えてしまう人も多いようなのです。

ハリウッド俳優も大変なんですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です