大橋巨泉さん誤投与が死因?急性呼吸不全とモルヒネの関係

img_578ef385e7af5

大橋巨泉さんがお亡くなりになりましたね。ご冥福をお祈りいたします。

死因としては、急性呼吸不全というように言われてますが、妻の大橋喜々子さんが、

大橋巨泉を偲ぶ会手話された内容がとても気になったのです。

スポンサードリンク

一つ愚痴をお許しいただければ最後の在宅介護の痛みどめの誤投与がなければと許せない気持ちです。と言うコメントがあり、誤投与により病状が悪くなり、死因との関係があるようなのですが、

誤投与とはなにがあったのでしょうか。

大橋巨泉さんの親は急性呼吸不全が原因となっていますが、それを和らげるためにモルヒネを投与したようです。モルヒネは、呼吸困難に対して有効な薬なのですが、強い鎮痛効果もあります。

そのメリットがありつつも、デメリットもあるのです。

デメリットとしては、極端な体力の衰退が合ってしまい、大橋巨泉さんの奥さんもそれが原因で誤投与では無いのかと言われています。

しかし、4度の癌も経験していますし、モルヒネは現在は延命治療として繋がるケースもありますし、大橋巨泉さんに対しては、どのように作用したかはわかりませんが、有効に作用していた可能性もあるわけです。

急性呼吸不全ということで、呼吸もままならない状態であった可能性があります。それをモルヒネで何とか呼吸をできる状態にするために投与されていた可能性もあるわけです。実際の真実は本人のみしかわかりませんが、このあたりは難しい問題ではありますね。

スポンサードリンク

司会者として仲の良かった永六輔さんも7月に亡くなったばかりで、同じ月になくなってしまいましたね。ショックが大きいだろうということで亡くなった事は伝えていなかったようです。後を追うように亡くなってしまいましたね。

永六輔さんの死因は?

徹子の部屋では、永六輔さんと大橋巨泉さんで一緒に出ていたこともあり、相当中の良い2人だったのではないでしょうか。

有名な方たちがどんどんなくなっていきますね。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です