水うちわ(家田紙工)がマツコの知らない世界で登場!

マツコの知らない世界で人と差がつく手土産ということで紹介していたのですが、
水うちわが紹介されていたのです。

スポンサードリンク

見た目もきれいで夏にはとても良さそうだったのです。
さらにニス加工もされているので水を霧吹きでかけてあげて扇ぐとひんやりした感じがとても良いのです。

水うちわは家田紙工というメーカーで作られており、
7560円の値段になります。全25種類あり、彩り鮮やかです。

これから暑い夏に見た目にも涼しい水うちわ是非おみやげにいかがでしょうか。

水うちわはなにでできているのか?

水うちわは透き通るような透明感があるのですが、透明感があるのに、和紙でできているのです。

天然素材を使っており、全て手作りなのです。

7560円と言うことで値段が高いと感じてしまうのですが、天然素材を使用して手作りで出来ている水うちわはそれだけの価値があるものなのです。

スポンサードリンク

うちわの骨に竹を使い、かんぴしと言う非常に薄い和紙を張って生きる最後にニスを塗っていくのです。ニスを塗ることによって透明感が出てさらに、涼しい見た目のうちわになるのです。さらに、ニスが塗ってあることで、水を霧吹きなどでふいてあげてうちわをあおぐことでとても涼しい風が来るのです。
霧吹きだけではなく、水につけて気化熱で涼しさを感じるということもできます。

水うちわと言われるのには由来があり、.透明な水のような見た目ということから、水うちわとついたようです。

販売店などは様々な店舗はありますが購入できる場所は限られてしまいます。ネットなどでの購入もできます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です