ライメックス石灰石のリサイクル紙とは?山崎敦義の最新技術がすごい!

最近最新記述がどんどん進んでいますね。私の中で驚いたのは雲で宇宙服を編んだりすることなのが驚きましたが、今回驚いたのはライメックスいう最新技術的な紙が気になったのです。

今回カンブリア宮殿の10週年の500回記念番組にでていたライメックス。
その最新技術が気になったのです。

普通紙といえば気を使うのが普通ですが、ライメックスは石灰石が原料になるのです。石灰石というと石になるわけです。
紙を作る場合に普通は気を使うのが基本になりますが、1トンの紙を作るには1000トンもの木が必要なようなのです。さらに、水が必要になります。

木の資源の問題にもなってきますし、もし水不足て悩んでいる場所でしたら、紙に水を使っている場合ではなくなるわけです。

さらには耐水性があるので、水に濡れても問題のない髪ができるのです。

ライメックスの石灰でてきた紙は
ストーンペーパーと呼ばれるようです。

木の紙に比べると製造コストは高いことがネックになっているようですが、今後の開発で改善されていくのでしょう。

水不足が深刻化されることを先読みしていき世界規模で考えた上でライメックスのストーンペーパーが活躍することを考えているようです。

ライメックスの向上は復興支援を考えて宮城の白石市に工事を建てたのです。日本の技術を使い、海外で役に立つようにして復興支援を応援したいようです。

現在注文もできるようで、名刺の注文ができるようです。100枚単位での注文ができるようで、カラーで1750円モノクロで1250円と言う値段で注文ができるようです。

株式会社TBMの山崎敦義社長は先を見据えて行動しているのがライメックスにも見えます。
今後どのような活躍をするのが楽しみです。
さらに最新技術のものをどんどん作っていきそうですね。

紙の消費量が2030年には現在の2倍になると予測をしていて、それにより水不足が進んでいく中で.さらに、気が減少していくことを考えていき石灰水おっつかった髪を開発していったようです。今後どのような場面で
ライメックスに出会えることができるでしょうか。
今後、日常生活に普及されて使えることを楽しみにしていきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です