鳥貴族食品添加物アルコール製剤を焼酎で提供!原因や体の影響は?

暑い日々が続いていて、居酒屋などでお酒を飲むのが本当に美味しい時期ですね。居酒屋で飲む場合は、飲むものや食べるものはほとんど安全と言う思い込みがありますが、
今回鳥貴族の千葉県柏市にある南柏店である大きな問題があったのです。食品添加物アルコール製剤と言うものがあるのですが、それを焼酎と間違ってしまい、お客様に提供していたようなのです。

それに対して鳥貴族はお客様に食品添加物アルコール製剤をチューハイの焼酎と間違って提供した。ということを謝罪したようです。151杯分を提供していたようです。

スポンサードリンク

体に影響はないのでしょうか?

体への影響はないということのようです。食品添加物アルコール製剤はサトウキビから精製されたエタノールが原料になるので安全性は高いようです。手指の手指の消毒に使っていたようです。よくアルコール消毒と言うものに使われているものを指すのではないでしょうか。

アルコール絶ったとはいえ、消毒液なので飲んでも気づかないものなのでしょうか。151敗も提供された上で気づかなかったのも驚きですよね。チューハイを提供するためのドリンクサーバーに焼酎を接続していたはずが従業員の人は間違って食品添加物アルコール製剤をセットしていたようです。衛生管理用品とってん飲み物がそんなに区別がつかないというのも
驚いてしまいますね

原因としては、ダンボールに入っていた状態で透明な容器に入っているので
その見た目がつかないことが原因だったようです。

その原因がわかった後に、容器も一目で分かるものに交換したようで再発防止の策を講じたの素晴らしい。ですね。

スポンサードリンク

ネットの声はどうでしょうか。

鳥貴族の話じゃないけど怪しい飲み屋の飲み放題って飲んでると次の日調子悪くなるから何か入ってそうう。
食品添加物アルコールって凡用性ありすぎ。焼酎と間違えるなんて。
食品添加物アルコール製剤がトレンドになってるけど.見なかったことにしておこう。
こんな過ちを犯すのと他の悪いこともやってしまってるんじゃないかと疑ってしまう。
古典的な昔の話かよ。あきれる。

というように呆れる声が多かったり、今後お店を使うのが怖いと言う人が多数いました。
人体に影響がなかったからよかったものの恐ろしい間違いですね。これがもし人体に影響があったらどれだけの問題になっていたでしょうか。今回は不幸中の幸いですが、今後のお店の繁盛への影響はでそうですね。チェーン店なので一つの店舗が問題を起こしてしまうと、どこの店舗もそうなのじゃないかという味方に見えてしまうので今後どのように回復を図っていくのかが見所ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です