井村雅代コーチの経歴や中国から日本復帰のきっかけは?

img_57b3e93c918d7

乾友紀子選手と三井梨紗子選手メダル取りましたね!
感動です!
本当に素晴らしい演技でしたがその演技の裏には
地獄のような日々でしたと乾友紀子選手と三井梨紗子選手
がもらすような日々があったのでした。

その日々は井村雅代コーチとの練習の日々。
しかしその日々があるからこそのメダルなのです。

スポンサードリンク

鬼コーチとして井村雅代コーチは選手にゲキを飛ばしながら、根性で選手を伸ばすタイプで、最後まで練習をやり切った上で最終的には選手の根性論で頑張りきるというコーチなのです。

シンクロの決勝で選手が銅メダルを取った時に井村コーチはこの日には誕生日になったのです。このメダルをもらった時にはコーチ冥利に尽きるということで喜んでいた表彰を見せていました。

乾友紀子選手は12歳の時から今まで指導を受けてきたのです。

ロンドンオリンピックでは日本代表コーチではなく主と中国代表のコーチに就任いたので、ロンドンオリンピックのシャトルバスの中で井村コーチからオリンピックはとにかくエネルギーを出して自分を伝えようと思わないとあかんと言われたのです。その時に師弟関係あるかも戻らないと思っていたのですが、その願いがとどいて乾友紀子選手と井村コーチの師弟関係が復活したのです。

井村コーチは日本代表のコーチを降りたのは金子正子コーチとの折り合いが悪かったからと噂されています。中国でのコーチを継続を依頼されていたようなのですが、日本代表のコーチにまだ未練があり.今回の乾友紀子選手と三井梨紗子選手のペアのコーチを担当することになったのでしょう。

スポンサードリンク

今井雅代コーチのプロフィールは

1950年8月16日生まれ大阪府出身になります。

1978年に日本代表のコーチに就任しロサンゼルス五輪では揃ってに銅メダルをもたらしました。
ソウルオリンピックでは銅メダル
バルセロナオリンピックでは銅メダル
アトランタオリンピックでは銅メダル
シドニーオリンピックでは銅メダル
2001年の世界水泳大会では日本初の金メダルを取りました。
アテネオリンピックでは金メダルを獲得するなどの成績を持っています。
ここで中国代表に褫奪して、
北京オリンピックでは中国代表に銅メダル
ロンドンオリンピックでは銀メダル
世界選手権火山大会では銅メダル
と数々の成績を残してきました。

根性論でのいい面悪い面をみつつ、
選手に最大限のコーチをしてきた井村雅代コーチ
メダル請負人としては最高のコーチですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です