赤川花火大会(山形県鶴岡市)で花火の破片で頭を骨折で重症に!

夏の風物詩といえば花火ですよね。花見も会場によってピンからキリまでありますよね。音響にこだわっているところもあれば、とにかく大きさや近さに断る場所もありますし、基本的には花火と言うものは安全と言うものが前提で見ていますが、思わぬ事故もあるようですね。

スポンサードリンク

赤川花火大会はご存知でしょうか?日本の花火大会で五位に選ばれるほどの素晴らしい花火大会があり、山形の鶴岡市で毎年8月20日あたりに開催されます。その赤川花火大会で何やら事故があったようです。花火大会の破片が客席に落下してきて、頭の骨を折る重傷を負ってしまったようです。打ち上げ花火の花火玉の1部の破片が男性一人にあたり頭の骨を折ってしまったようです。全治6ヶ月から1年の重症ということで、その男性がいた場所は花火の打ち上げ場所から300メートル離れた場所にいたようですが、開催の時の風速は3m から5m ということね中傷する基準は10m のために問題なく花火の打ち上げをしていたのですが、風が客席側にふいてしまい今回の事件のようになったようです。

スポンサードリンク

花火大会で灰が来るということはよくあることですが、ここまで重症になるというのは驚きですね。

今後の花火大会に影響がないと良いのですが、今後対策や何か変更点などは出てくるでしょうね。

いつまでも素晴らしい花火大会であってほしいですが、事故などが起こってしまうときっといるときにする人も増えるのではないでしょうか。

継続はされると思うのですが、
位置関係なども変わり赤川花火大会は近めの場所で見れるからこその迫力があったのですが、
今後距離を置く対策をするなどになるのではないでしょうか。
今後の対策に期待していきたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です