ラーメン二郎府中店の店主が病気で営業終了か?病名は?

ラーメンの思考も日々変わりつつありますね。最近は二郎系ラーメンがとても流行ってきましてよね。こってりドロドのタイプのスープに太めの麺!好きな人は好きですが、賛否両論のラーメンでわかりますね。その先駆けとなったのは二郎ラーメンになりますが、
ラーメン二郎府中店のお店の店主が何やらまずいことになっているようです。

麺はどろどろに溶けてブツ切れでスープはスカスカな味。麺もその場で適当に製麺したような感じの麺。店主の顔は腫れぼったくて目が見えてないような動きで野菜掴みトングを元の場所に戻せなかったり、いつもと明らかに違うような感じ。いつ倒れてもおかしくないような状態の営業。あまりにもまずくて残してしまいました。

店主ボケてしまったのかもしれない。1時間麺を茹でずにポケーっとしてて、散々待たされた挙句に提供するまでも十分かかってしまっていた。しかもラーメンを間違えて出して行ってお客も待たされて爆発寸前。そう思っていたら今度はまた麺を打ち始めてマジでやばいんじゃないかな。
並んでたお客さんも全員帰って待ってた人に払い戻しもなく帰っている人も。返金を要求したお兄さんに何か言ってるけどモコと分かっ全然わからないし不安だ。これが最後の府中の二郎になってしまうのかな。

ゴールだって数秒で忘れてしまうし、キャベツすら切れていない。誰か強制的に止めて止めさせるべき命に関わってしまう。

製麺機が故障してラーメンのご用意が出来なくなりました。
返金か好きな時に使える券をお渡ししますので、閉めさせていただきます。
とか細い声で言っていて心配になった。

との声が数々あり、本当に大丈夫なのでしょうか。この状態ですと、脳卒中やクモ膜下出血、地方などの可能性があるために、店主には休むか病院に行くかなどをしてもらいたいところですね。今後どのような対応になっていくのかとても気になるところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です