築地市場延期期間はいつまでで理由や原因は?豊洲市場はいつから開かれるのか!

東京都の知事が小池知事に代わって色々と動き始めたものがありますね。
最終的にはどのようにプラスに転じてくるのでしょうか。期待していきたいですね。

一番気になる問題として、築地市場の移転がとても気になる問題ですね。
今年の11月7日に築地市場の移転が予定されていたのですが、延期することを正式に発表されました。
31日の午後に記者会見を開いて、当面延期することを記者会見で話されています。

スポンサードリンク

延期はいつまでになるのか?

この点がとても気になるところですが、今の予定では来年1月もしくは2月以降に移転先の豊洲市場で行っている水質調査の結果が出た段階で判明するということになっています。

原因や理由はなにか?

原因としてはその水質調査が11月7日の移転予定日には間に合わないためと理由を述べています。
やはり一番は生魚食料品を扱うために食の安全を生活者の目線で大切にすべきと言う安全性を第一に考えたために築地市場移転延期を発表したようです。

安全性を検査するために849億円かけて土壌汚染対策を実施してきて、地下水のモニタリングの結果が完了する前に移転を予定されていたのですが、法律上問題ないものの、食の安全を確実にするために2年間のモニタリングを見届けた上で移転をすると考えたようです。

巨額で不透明な費用の増大
欧州新市場の費用は2015年3月の時点で5884億円もの費用がかかっています。建築費だけで2752億円これだけでも相当な費用と驚いてしまうのですが、費用が膨らみ2膨らんで5884億円になっています。建築コストの高騰は承知していたものの3倍近いコストの増大はものかと考えてしまいます。この点も再度見直すために延期が必要になったと考えられます。

スポンサードリンク

情報公開不足
豊州新市場に築地市場が移転することに伴って安全性の疑問を伝えていなかったり、都民に対しても情報公開を行った上で声を汲み取り向き合っていなかったと考え都民と疑問に対して向き合わなければいけないと考えたようです。

このような三つの理由や原因により築地市場移転の延期をしたとされています。

今後、来年1月から2月をめどに延期すると発言されていますが、どのように進んでいくのでしょうか。今後の展開を期待しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です