加賀屋の食中毒の原因や理由は?刺し身の洗い方が不十分とは?

どんなに食中毒対策をしていてもなる時はなってしまうのですね。私の地元でも老舗のお店が食中毒起こしてしまい営業停止になってしまったことがありました。原因が重なり、いつでも怒ってしまいかねない現象なので食中毒を持ってしまったお店はつらい状況にはなりますね。

スポンサードリンク

加賀屋と言う老舗旅館があるのですが、プロが選ぶ日本のホテル旅館100選で38年連続総合一位を取り続けてきた素晴らしい旅館があるのですが、この加賀屋がまさかの食中毒車を15人も出してしまったのです。

どれだけ素晴らしい状況で完璧に環境を整えたとしても状況が重なってしまうとなり得ることなのでしょうね。十分に注意をしていたのでしょうがなぜ食中毒は怒ってしまったのでしょうか。

食中毒の原因や理由は何か?

今回9月2日の夜に海や甘エビカンパチなどの刺し身料理よ提供していたようです。その提供していた刺し身料理を食べた人たちから腹痛や嘔吐の訴えがあり、腸炎ビブリオが検出されたのです。
腸炎ビブリオとは
海に潜む病原菌になり海水や海中の道路に調剤し海水の温度は20度以上になると増加するものになります。暖かい気候の時に水揚げされた魚介類に付着されていることが多いです。刺身や未加熱の魚介類を食べた時に強烈な腹痛や下痢の症状が出ます。

スポンサードリンク

こんなものどうやって対処するのかと思ってしまいますが、対処法はあります。腸炎ビブリオは真水では生きられないので、水道水で洗浄すると菌が減少し加熱処理すると確実に死滅します。
今回は刺身で提供されていたので、加熱は無理ですが、水道水でしっかりと洗う必要があったのです。
刺身の洗い方が不十分だったと言う文章がとても気になったのですが、
腸内ビブリオは水道水で洗えば亡くなる金だったので、この水洗いを怠ってしまったことが原因になります。
料理人などが多くなればなるほど、だんだん管理も手薄になってきます。忙しい夕食時に魚の刺身の洗い方が不十分だったのが原因となるでしょう。

終わりに

腸内ビブリオというのは普通に常に存在しているものというのに驚きました。真水で洗えば親にはするものの、洗い方が不十分だとそんなことになってしまうのは怖いですね。
今回輝いたこの食中毒があり、どうやって信頼を回復していくのでしょうか?老舗だからこそできるサービスなので回復を図っていってほしいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です