サッカーの1ステージ制とは?2ステージ制との違いやメリットデメリットは?

Jリーグは来季から1ステージ制に戻るのが決定されました。
2ステージ制とポストシーズン制お収入を増やす目的として復活させたのですが3季ぶりに1ステージ制に戻して年間王者を決める流れになっています。順位決定法や過密日程での不満が多かったようで、2ステージ制にこだわる。理由がなくなったのが原因のようです。

スポンサードリンク

1ステージ制とは?
1ステージ制は年間34試合を戦う方法になり海外では1ステージ制が主流になります。

2ステージ制は前後期の王者と年間勝ち点3位まで最大5チームが出場できるチャンピオンシップで年間王者を争う方式ですが、過密日程なので大変な点があったのでしょう。
1ステージ最終節と2ステージ開幕までの休みのインターバルが1週間しかない日程で選手に負担がかかりました。

さらには2ステージ制では昨季年間勝ち点1点の広島はチャンピョンシップで勝ったにもかかわらず、勝ち点1でも優勝できないと言う可能性があり、順位決定方法にも不満があったようです。

収入増を見込んで2シーズン制にしたのは良いのですが、先週に負担がかかってしまうのは投打のでしょうか。収入ばかりに目がいってしまい、選手の上体をおろそかにしてしまうのは良くない結果が生まれるかと思います。
これが解消されて1シーズン制に変更されてどのような結果が生まれるのでしょうか。選手の負担が減るのはとてもいいことですね。

スポンサードリンク

さらには、収入を2シーズン制から1シーズン制に減らしても上がる仕組みを作れればベストですね。

選手に負担をさせて無理やり収入を上げるのではなく収入がどの上がっていく仕組みを作った上で選手も負担なくあ、いいプレーができるような環境を作ることが大事ですね。良い循環が生まれてくれればいいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です