貧酸素水とは?長崎県諏訪湖のワカサギ大量死の原因や理由は?

最近いろんな自然の災害がとても濃いですね。台風なども最近は多いですし、それによって浸水冠水もとても多くなっています。今回も自然の災害で気になったことがあったんです。

貧酸素水。と言う言葉がトレンドになっていますが、どんな意味なのでしょうか、今回長野県諏訪湖ワカサギが大量死した問題があり、貧酸素水と言う言葉が出てきて、とても気になったのです。

スポンサードリンク

まずはどんなことが起きたのでしょうか。長野県諏訪湖で7月下旬に大量死したことが判明したようです。岡崎の生息数調査をしたところ来春には1年魚として生きていたはずのワカサギが2割程度まで減少していることが分かったようです。

9月1日には投網漁を解禁していたようなのですがこれを延期しているようです。

残った2割は8割のワカサギが死んでしまったことによりエサが行き渡り通常よりも3、4倍成長しているようです。

スポンサードリンク

大量死の原因として酸素が少なく、魚の生存に適しない貧酸素水が原因とみられています。
貧酸素水とは水中の酸素量が極めて不足していることになります。貧酸素水になることにより生物の大量死が発生し漁業や養殖業などの生産業に壊滅的な打撃をもたらすことがある。

ということのようです。
ワカサギは退寮した原因は窒息死と断定されています。風と気温の低下により上層の水温が下がり、貧酸素水が混ざりやすくなったことが原因のようです。7月27日に大量死したようですが、酸素濃度が通常の半分以下の数値しかなかったようで、それが原因とみられるようです。

貧酸素水と言う言葉は初めて聞きました。水中の中でも酸素が足りなくなるということはあるのですね。ワカサギの大量死が発生したことは残念でなりませんね。今回の件は対策なども難しいので今後残ったワカサギ2割をしっかりと生かして元の状態に戻していってほしいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です