レモン酢の作り方レシピや飲む量やタイミングは?美肌と血管改善

img_57dcb4649163e

テレビではいつもいろんな健康食品や体にいいものを紹介してくれますね。かといって、いろんなものがありすぎてどれを選んだらいいか分からなくなってしまいますよね。そうなると、自分にあったお勧めの方法や自分が毎日続けやすいものがいいですよね。

それと効果がある気がするなと言う物が選べたらいいですね。

スポンサードリンク

今回はサタデープラスと言う番組で9月17日にレモン酢お紹介していました。血管や肌の若返り効果が期待できると言うとても嬉しいでも酢の効果ですね。

夏になると肌はダメージを受けてなんと3歳以上も吹けるようなのです。そして肌だけではなく血液は水分不足でドロドロになってしまうようです。

知らず知らずのうちにひどいことになってしまっているのですね。そしてそんな状態を解消してくれるあるものがあるのです。
それが今回紹介してくれたレモン酢なのです。
レモン酢にはレモンポリフェノールが皮に含まれていて脂肪の吸収抑制と動脈硬化が期待できるようです。

そしてレモン酢で酢を摂取することによって血管が拡張されて血流を改善できるようです。
こんなに血管に良い効果があるなんて、レモン酢とても素敵ですね。

レモン酢の作り方のレシピ

12日分の作り方になるのですが、
皮ごと食べられる国産レモン2個
はちみつ60g
醸造酢400ml になります。

レモンはなぜ国産のものかというと皮も使うために輸入のレモンではワックスや防カビ剤が付いているので体に悪いのです。それを防ぐために国産のレモンを使います。

作り方はレモンをしっかりと洗って水気を取ります。
5mmの幅で8等分にして種を取ります。

そして保存瓶にレモンとスッと蜂蜜を入れて軽くかき混ぜます。これだけで準備はOK です。そして一晩置いておくだけで良いのです。

一字取る量はどのように取るのでしょうか。大さじ5杯以上取ればOK なのです。たったそれだけで肌と血管に良い効果をもたらしてくれます。

実際にとるだけではすっぱいかもしれないので、秋の秋刀魚にかけてみたりドレッシング代わりにさらに賭けてみるのはどうでしょうか。
飲むタイミングなども自分が好きなタイミングで飲むのも良いでしょうし、分けて飲んだ方が効果はて安いでしょう。

そして効果にも驚きが。

松崎しげるさんと大場久美子さんが今回のレモンすりチャレンジしたのですが、素晴らしい結果が出ました。松崎しげるさんは、肌のきめがマイナス10歳になり、血管年齢はマイナス9歳と驚きの改善がされたのです。大場久美子さんは中性脂肪が大幅に改善してシワの年齢はマイナス11歳血管年齢はマイナス17歳と大きな改善が見られました。

毎日たった大さじ5杯飲むだけでこんなに効果が出るなんて驚きですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です