三浦大輔引退の理由や原因は?引退試合はいつで今後監督はある?

大洋ホエールズから横浜ベイスターズになり横浜DeNAに変わっていきつつも大洋ホエールズから入団されていてベイスターズ時代から活躍されていたハマの番長こと三浦大輔選手がとうとう引退を決意したようですね。
本当に残念でしかありません。

三浦大輔選手は25年間も投資として活躍されてきて、数々の実績を残してきました。

1991年ドラフト6位て横浜ベイスターズに入団しました。

1995年から先発ローテーションとして活躍し
1998年には12勝をあげて、優勝をし38年ぶりに日本一になり、日本一に貢献しました。

2004年にはアテネオリンピックの日の丸を背負い銅メダルを獲得しました。

2005年にセ・リーグの最優秀防御率で最多奪三振のタイトルを獲得しました!

ハマの番長として愛されてリーゼントヘアーが特徴で車で割る
2014年からは投手コーチを兼任されています。

2016年には
投手としてだけの活躍ではなく
バッターとしても活躍されています。

「プロ野球の公式戦で投手が安打を放った最多連続年数」

というギネス世界記録を保持しているのです。

投手としての実績だけでもすごいのに、バッタとしてもギネス記録を持っているあって素晴らしい野球選手ですよね。

今後はどうするのでしょうか。
2014年から投手コーチとして兼任されていましたが.今回の引退を機に専任で投手コーチをするのではないでしょうか。監督なども今後考えられますが、今はラミレス監督が成績好調なので継続されていくのではないでしょうか。

引退の理由や原因は?

今まで横浜DeNA を引っ張ってきた三浦大輔選手ですが、現在最年長ということもあり、年齢的な問題や体力的な問題が大きいのではないでしょうか。
また、横浜DeNA 自体の投手陣も強力になってきて、自分が退いても問題ないと感じ楽ではないでしょうか。
体力的な問題や精神的に任せられるということもあり引退を考えたのではないでしょうか。

引退試合はどうなるのでしょうか。
現在横浜DeNA は3位で残り4試合となっています。可能性としては、二位なる可能性もあるようです。

引退試合は今のところ決定されていないようで、24日に先発として投げる可能性はあります。

今まで長年活躍されてきた三浦大輔選手、本当にお疲れ様でした。今後は投手コーチとして横浜DeNA の投手陣を強化していってもらいたいです。本当に素晴らしい選手としてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です