近鉄奈良線事故で駅員が制服脱ぎ線路逃走原因や理由は?写真動画あり!

img_57e21edc887d4

近鉄日本鉄道の近鉄奈良線で21日の午前10時半過ぎになにやらちょっとした問題があったようです。
快速電車で事故があったようで大阪難波から東花園間の上下線で運転を見合わせていたようですが、その時に東花園駅ではその事故の乗客の乗客対応に当たっていたようなのですが、車掌が制服の上着や帽子を投げ捨てて線路の上を走って逃走したようです。なかなか不可解な問題ですが、理由や原因は何なのでしょうか。
駅の車掌さんが切れてしまい投げ捨てて逃走と言う形になったようです。事故の影響で混乱してしまって対応に投資主なくなってしまい切れてそこから逃げ出してしまったのではないでしょうか。そしてその後高架線から地上に飛び降りたようです。

その後その車掌さんは問題なかったようですが、近鉄の後方では詳細は確認中だが、不適切だったということを話されているようです。

これだけ公共の人が使っている電車でもこのようなことが起こってしまうのですね。なかなか驚きでしかありませんが、最終的には人がやっているものなので、多くの人の対応をしていかなければならない中で許容範囲を超えてしまいパニックになってしまったのでしょうかある完全にストレスからくる問題なのではないでしょうか。さらに、予期せぬ事態ということである対応しきれず、どうしようもなく逃げてしまったと言う状況ではないでしょうか。この逃げてしまったというのも問題ではありますが、それだけ混乱してしまう状態になってしまったからというのもありますね。周りもフォロー出来ればよかったのでしょうが、突然の事故によって衣しきれなかったのでしょう。

珍しい事ではありますが、この駅の車掌さんの今後はどのようになっていくのでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です