栗原健太の引退の理由や原因は戦力外通告か?今後指導者のポストはあるのか?

img_57eb25862828c

栗原健太さんが引退と言うことでこれには本当に驚かされてしまいました。天才栗原健太選手は東北楽天ゴールデンイーグルスのは野手として活躍していました。しかし今季限りで現役を引退するということが27日に発表されたのです。

引退の理由や原因は何なのでしょうか。


理由や原因としては戦力外通告が原因なのではないでしょうか。
栗原健太選手は昨季、広島を自由契約になり、楽天にテスト入団をしました。しかし一軍出場はすることができず、今季自身の最終戦となってしまいました。

また新たにテスト入団という。チャンスもあるようですが、引退を考えているようです。

右肘の怪我も大きな理由となっているようです。2012年に右肘を痛めて以来成績もどんどん落ちていき広島での戦力外になりました。

怪我をして手術をしたようですが、手術によってバランスが崩れてしまった面もあるようです。

また、デッドボールを受けた事が原因とも考えられます。
デッドボールを受けたことにより、精神的恐怖が植え付けられてしまい、インコースに入った球に対して恐怖心があり真ん中ぎみのボールに対しても腰から全身よけてしまうと言う状態になっていました。
肉体的にも精神的にもやられていた部分があったのではないでしょうか。

今季楽天のテスト入団をしましたが、1軍に入ることはできずに成績不振になっていました。

今までの成績では1999年ドラフト会議に3位で広島カープに入団し、2006年から4年連続20本塁打を記録し、2009年のWBC にも招集されていたほどの実力だったのですが、2012年の怪我からはどんどん成績も落ちていたようです。

勝負強さで通算1082安打を記録し、153本塁打を打たれていました。586打点を記録しました。

広島カープ今年優勝しましたが、戦力外通告を受けた後に、優勝するというのはとても切ないものがありますね。
広島カープの優勝に胡蝶蘭を送っていたようですが、とても切ないですね。

広島カープを去ってから優勝したことに対してネットでも

栗原はやっぱり赤がよく似合ってた。最後まで登録していた姿は忘れられません。
低迷期のカープを支えた選手でした。復帰姿見たかった。
カープで優勝してほしかった。巡り合わせが悪かった。使用者として優勝してほしい
最近の野球の傾向から見て若い人が指導者になるべき。
ずっとカープに残って頑張ってくれた栗原が優勝のチームの一員として味わうことができないのは非常に残念。暗黒時代を支えたよ晩は栗原。何らかの形でカープに戻ってきてほしいな。
栗原が納得できるまでできる環境を楽天があったから良かったと思い。カープ時代俺らにたくさんの夢を見せてくれて本当にありがとう。人間性もいいので良き指導者になると思います。

このように栗原選手に対して広島カープでの巡り合わせの悪さを嘆いたり今後の指導者としての立ち位置を願っている人が多かったです。

今後は栗原選手はそのように考えているのでしょうか。

今後は指導者のポストを考えられているようで、打撃コーチ等も考えられるのではないでしょうか。
成績だけではなく人間性も評価されていて、楽天では一軍昇格はできなかったものの、早朝6時には球場に姿を見せ、練習をし、カープ時代にできた野球への取り組みを続けていたようです。
広島では今まで当たり前にやってきたことと黙々とバットを振ります。若手選手たちの良き手本になっていたようです。それを評価されて、指導者のポストも検討しているようです。

栗原選手は今現在仙台に単身赴任と言う形できているようで、広島には奥さんの栗原聖良さんと子供を置いてきているようです。
今後、広島カープの指導者として戻ってくるのもとても良い流れではありますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です