脇田晴子さん死去の原因や理由と死因や病気などは?経歴や実績は?

脇田晴子さんが亡くなられてしまいました。
ご冥福をお祈りいたします。抽選の女性誌や商業誌などの分野で先駆的業績を残したとして、歴史学者として称えられ、文化勲章受章者に2010年になられています。
2005年には文化功労者になられていて数々の受賞をされてきました。

スポンサードリンク

経歴や実績は?

1934年、兵庫県西宮市の生まれで京都大大学院博士課程を経て京都橘女子大鳴門教育大大阪外国大などで教鞭をとられておりました。石川県立歴史博物館長等も務められてこられました。音は歴史学者をやられていて、大阪大名誉教授の修さんでした。大阪歴博館長もされていいました。

幼い頃からの枠に親しんできて、芸能史の研究でも実績を残してきました。歴史文献調査団長も務めてきて、世界遺産に入るために大きな役割を果たしてきました。

1996年から2004年まで石見銀山遺跡調査整備委員会の印として1997年からは団長を務め、
2004年から2006年にはユネスコへ世界遺産登録推薦書を作成者に関与してきました。

石見銀山では薪を確保するための植林活動を行い、
植林をしたことにより伐採が減り土砂災害も軽減したのです。

そのような活動もしていてそれが実績になり未来への資産になったことは素晴らしいですね。

本当に素晴らしい経験や実績をつまれていて、
素晴らしい人生だなと感じます。

世の中に価値のあるものや評価のあるものを残されていったのは本当に素晴らしいことだと思います。

スポンサードリンク

そんな素晴らしい方がなくなるのは本当に惜しいことです。
しかし82歳という年齢でこれまで積み重ねられた人生は素晴らしい
人生の歩み方だと感じました。

死因などはどのようになっているのか。

今現在死因などは公表されておらず、告別式は親族で営む。ということになっています。

82歳という年齢だったので老衰などが考えられるのではないでしょうか。
素晴らしい人生の送り方に尊敬いたします。
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です