ニュージャージー州の列車事故の原因は?ホーボーケン駅の被害も!

img_57ed240d19ceb

列車事故って本当に怖いですよね。いろんな現象が起こりますが、完全に不可抗力なのでどうしょうもない。
事故になりますが、さすがに怖いですよね。

アメリカでは大変な状況が起こってしまったんです。

スポンサードリンク

アメリカの東部でのニュージャージー州のホーボーケン駅に交互に通勤列車が駅に突っ込むという事故が発生してしまったのです。

その事故がとても大きな事故になってしまったんです。
約100人の負傷者が出たという恐ろしい状態が起こってしまったのです。

本当に心配な状況が起こってしまいましたね。
こんな大きな事故が起こってしまうとさすがに怖いですね。

たった一瞬の出来事で列車で100人の人が負傷してしまうのは本当に怖いです。
列車事故で1人亡くなられているようです。
ご冥福をお祈りいたします。

今現在も負傷者は取り残されている状態のようです。
Twitter に投稿された写真なども、駅舎の一部が壊れているなどの被害が出ている映像化されているようです。
方法権益はニューヨーク市からおよそ11キロメートルのところにあり事故があった鉄道会社のホームページによるとニュージャージー州とニューヨーク市内を結ぶ列車が乗り入れているようです。

ホーボーケン駅では、2011年にもでしたが十分に減速できていない状態で車止めに衝突しているようなので持っている人のうち80人のうち42人がけがをした事故が起こっているようです。

スポンサードリンク

原因は何だったのでしょうか。

ホーボーケン駅には複数の路線が乗り入れているのですが、アメリカのテレビは伝えたものではホームに列車が乗り上げている状態になっていました。そして、駅の施設が大きく損傷していました。

目撃情報で何が起こったのかというと、列車は車止めに衝突してしまい、それによって列車が乗り上げてしまい、
今回の事故が起こってしまったんではないでしょうか。

日本人の方などが負傷者がいないといいですね。本当に。心配な状態です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です