サタプラで紫吹淳が水島弘史の弱火料理法でトンカツハンバーグを美味しく!

紫吹淳さんがテレビで結婚をしたいと言う話をしていて、そのために料理を覚えるということを企画でやっていたのです!

強火ではなく弱火でやると言うのがコツなのです。
そのコツを教えてくれるのは素材のうまさであったり、シェフの腕だけではなく弱火で調理する水島弘史さんなのです。

月1回の料理教室は、予約が2分でうまってしまうようなのです。

スポンサードリンク

包丁の切り方から教えてくれたのですが、包丁も音を出して早く切るのではなく、ゆっくり切ることによって野菜の断面の細胞を破壊することなく美味しく切ることができるのです。

おいしいハンバーグの作り方は、すりこぎ棒で合い挽きミンチを混ぜてあげるのです。手を使うと手の熱でお肉が全体的に混ざりにくくなってしまうのです。

手でこねると焼いたときに崩れやすくなる原因になるのです。
他の材料合挽きミンチと混ぜて手を使うのは最後の成形の部分だけ手を使うのです。

火は最初から弱火でやるのです。
蓋もしないで弱火で焼くだけなのです

肉は強い火で焼くとすぐに縮んで硬くなってしまい、油も出てきてしまうのです。

肉汁が逃げないのです!

スポンサードリンク

とんかつも弱火で作るのです。
油はフライパンに1センチでいいのです。
そして火をかける前から冷たい油の中にお肉を入れるのです。頑張っとそのあとに上から油をかけるのです。ひたるまで書けるのです。

そこからトンカツを弱火で揚げていくのです。

常温から弱火で揚げることである硬くならないのです。

全体が白くなったら裏返しのその後に3分揚げたら油から取り出すのです。

60秒の最後のひと手間があるのです。
最後に一気に強火にして油を190℃に高めてからその後に2度揚げ衣を香ばしくカラッと揚げてあげるのです。

長い時間油に浸かっているのにベタベタですね。中止に美味しく食べることができるのです。
肉の美味しさが硬くならない状態で、美味しく食べることができるのです。
こんなに簡単なのに柔らかく。美味しく食べれるのはいいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です