出血性声帯炎の原因や理由症状は?治療方法や回復期間をチェック

ジャンヌダルクのボーカルのyasu さんが出血性声帯炎で11月2日に発売予定だったAcid Black Cherry のカバーアルバムレクレーション4の発売を延期することになったようです。

喉の不調を訴えたようで出血性声帯炎と診断されたようです。
医師と相談しながら11月以降、レコーディングを再開させるということでしたが、出血性声帯炎と言うのはどんな病気になるのでしょうか。

スポンサードリンク

出血性声帯炎の症状は?

喉を使いすぎた時や大声を張り上げてしまった時やカラオケなどで声を出しすぎて喉がガラガラになると言う状態がありますが、そのような状態が継続的に続くのが声帯炎になります。

さらに、声帯から出血がすると言う症状が重なると、出血性声帯炎になります。

通常でしたら喉を休めれば出血性声帯炎までにはならないのですが、歌手や声優さんのように、仕事で使わなければならずに、休める状況じゃない場合は出血性声帯炎となってしまうことがあります。

今回ジャンヌダルクのyasu さんがなったのも休めるに休めない状況があったからではないでしょうか。

出血性声帯炎への原因や理由は

根本的な原因は喉を酷使するということが原因になります。

歌手であったり声優の方などは喉を酷使するためになりやすい病気になるのではないでしょうか。

また、喉を酷使することとタバコやお酒飲むことによって相乗効果で炎症を起こす可能性もあります。

出血性声帯炎の治療方法は

出血性声帯炎になり、声帯が出血している場合ポリープから出血していることがあります。ポリープがあった場合は切除して治療するか治療せずそのまま様子を見るかということがあります。

スポンサードリンク

出血性声帯炎の回復期間は

普通の声帯炎でしたら1週間程度で治るのですが、出血性声帯炎の場合は、喉の癌になる可能性もあります。

そうなってしまうと長期的な治療が必要になります。

今回ジャンヌダルクのyasu さんは11月からまた新たにレコーディングをするということで、出血性声帯炎があっただけであり、1ヶ月の休養期間をもって回復するのではないでしょうか。

おわりに

出血性声帯炎と言う病気がありとても怖い病気になるのですね。
やはり歌手と言うお仕事の場合、常に喉を酷使しなければならないので、休むわけにはいかない状況もあります。
しかしジャンヌダルクのyasu さん喉は大事な体の一部なので、しっかりと治してほしいものですね。

早く回復して復帰を待ち望んでいます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です