平川貴之の会社ISTEの事業内容や目的は?売上や実績をチェック!

平川貴之さんの会社ISTEについて調べてみたいと思います。
教育現場を経験しIT企業で働いた平川貴之さんは
株式会社ISTEを立ち上げられ、このような事業内容を行っているのです。

スポンサードリンク

今までのITや教育現場の知識を生かしこんな事業内容やられていたのです。

児童生徒学生を対象とした情報に対する教育講座
保護者や先生を対象とした情報化社会のリスクの対策
子供を守るためのインターネット上の書き込み監視
教育現場の情報セキュリティに関する対策

などの仕事をされていました。教育現場に対してとってん情報社会へのどのような対応をしていくかなどの指導する会社だったようです。

講演会などを行っていて、講演実績としてもしっかりとしたものがあり講演動画の販売などもあったようです。
児童生徒向けの講演では250件開催され、3万人に講演をしてきたようです。保護者や教職員に対しては100件8000人に対して行って来たようです。

私立学校の美術科の非常勤講師もされていたようです。

スポンサードリンク

売上や実績は?

売上や実績はどのようなものなのでしょうか。
講演実績として児童向けに250件保護者教職員向けに100件とありますが、1回あたりの講義が1万円から3万円の金額になります。

そうと単純に計算してみますが、350件あったとして3万円で考えたとして1050万円の売り上げになります。

そして等が販売もされていたので、1動画あたり5000円と言うことでこちらの方は売れたとしても100万円程度でしょうか。
しかし今までに講義をした内容を動画提供になるのでほぼ何もしなくても収入が発生するものになります。

講義自体も一度やったもの。繰り返しになるので回数を繰り返していくと今までやったものの講義を話すだけとなるのではないでしょうか。
時間も1時間から2時間程度の講義かと思われます。

今までの実績で児童向けに250点教職員向けに100件されてきて
話してきた人数が1万人以上とかいう数字は相当すごい実績ではありませんね。
学校自体も100件以上と言う数をこなされています。

会社自体はうまく回っていたのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です