火山灰の人体への影響や対策は?阿蘇山噴火による害はあるのか?

阿蘇山噴火により火山灰に依る影響が相当大きいですね。

車に降り注いでいる火山灰を見て本当に驚いてしまいました。

火山灰自体は広範囲に広がっていき、九州四国中国関西まで範囲が広がっているようです。兵庫県まで火山灰がいっているようで、その範囲の広さには驚かされました。

スポンサードリンク

火山灰とはどんなものになるのでしょうか。

火山灰とはいわなのが解けたマグマが噴火をして紛失されたとき、決勝になって冷えたものになります。それが烏城になるのですが、直径2ミリm 以下のものが火山灰と呼びます。

人体への影響は?

火山灰が人体に影響があるかどうかというのものはとても気になりますね。
火山灰は人体に影響があるものです。ですので、注意が必要です。

火山灰が健康に与える影響は呼吸器官目、皮膚、の三つがあります。
呼吸器官への影響は鼻水のどの痛みせきやたん息苦しさなどがあります。鼻腔や気管肺に入っていくので体内を傷つける可能性もあります。また、体内の水分と結合するとセメント状になるため炎症を引き起こす可能性もあります。
対策としては
なるべく外出しないこと外出する際はマスクをすることが大事なります。できれば防塵マスクを着用するのが良いでしょう。外出してからも、うがい手洗い洗顔洗髪などをして体についた火山灰を払い落としましょう。

スポンサードリンク

目などにも影響があり、コンタクトレンズは外してメガネで出かけるようにしましょう。
火山灰が目に入り、影響及ぼす可能性もあります。
火山灰が皮膚に触れると炎症を起こす人もいます。ウインドブレーカーのような衣服に火山灰がつきづらい素材の服を使用すると良いでしょう。

終わりに

火山灰は呼吸器官目皮膚などに影響を及ぼす可能性があります。もし、外出する際にはしっかりと対策をした上で出かけてください。

できれば外出しなくて良い状態であれば外出せずにおさまるまで待った方が良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です