失笑恐怖症の原因や症状と対策は?蛭子病や子供への対応は?

ニュースを見ていると何やらそんな病気あるのかと言う病気を見かけてしまったんです。

それがなんと失笑恐怖症と言うものなのです。失笑恐怖症と言われてもどんな病気なのかと思ってしまいますが、真剣な場面や相手が悲しんでいる時に笑っていけない状況だとわかっていても笑いが止まらないと言う症状を失笑恐怖症というようです。

そういう時ってありますよね。

スポンサードリンク

怒られていて、笑っちゃいけない時だったり、すごい真面目な雰囲気の時に笑わずにはいられない時ってなぜかありますよね。

そしてこれには別名
蛭子病という名前が付けられています。

蛭子能収さんは葬式に出ていてもなぜか面白くなってしまい笑ってしまうのだそうです。

これは場の空気や人の重圧に負けてしまい、面白くもないのに笑ってしまうと言う状態のようです。

失笑恐怖症の症状とは

簡単に言うと笑っていけないところでは笑えてくると言う状態ではないでしょうか。

もしくは何もおかしくないのに笑いがこみ上げてしまう。我慢すると余計に笑えてしまう。怒られている最中に笑ってしまう笑っていけないと思うほどおかしくなって笑ってしまうと言う悪循環になってしまうようです。
怒られてしまうのに笑ってしまうのはよくわかります。

怒られて言って真面目な調教で絶対笑ったら更に怒られるのに笑ってしまうというどうしようもない状況が昔ありました。

スポンサードリンク

失笑恐怖症の原因とは?

失笑恐怖症とは、精神的な問題のようです。小さな頃の経験や体験をもとに失笑恐怖症になってしまうことがあるようです。

過去に笑っていけない場面で笑ってしまい失敗をしてからそれをもとに緊張や不安や苦痛、恐怖心を回避するというために笑ってしまうということが起こってしまうようです。

そして愛想笑いをしていたことが原因でそうなってしまうこともあります。

心身症の一つで幼い頃からの家庭環境にも問題があるようです。

真剣に静かな時に恐怖感があってそれを打ち砕くために笑ってしまった。

例えば緊張感が伴うものでその緊張を逃れようとして笑いに転換して笑ってしまうと言う状況のようです。

対策や改善策は?

笑ってはいけないなねなにしてはいけないと考えてしまうと、逆に笑ってしまう調教になってしまいます。脳というのは何のしないということはできないようです。

いつも通りの表情で落ち着いた表情で自然な表情でと考えるようにしてこうなりたいと思ってみると笑うのも我慢できるようです。

対人恐怖症も一種のようなものなので対人関係の悩みをなくすことで精神的な重圧失くし恐怖症の改善にも繋がります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です