宮本大路(ジャズ・白バリトンサックス奏者)死因や原因の病気は?

アーティストがなくなることがとても多く感じます。今回サックス奏者の宮本泰次さんがお亡くなりになられたようです。

10月11日今朝未明に亡くなられてしまったようです。
病気によりずっと闘病生活をしていたようです。

スポンサードリンク

2016年5月に題名のない音楽会の収録をした後に膀胱癌再発をして二度の長時間の手術をし入院をしたようです。

8月の葉山ジャズフェスで復帰するためにリハビリしていたようですが直前の3日間、楽器を吹こうとすると吐き続けてしまっていたようです。

そして出演を断念しそのまま入院をし、5度目の手術を受けたようです。
そして1ヶ月を過ぎ9月の状況は飲まず食わずの状態で1ヶ月を過ごしたようです。何も飲まず食わずな状態なのに吐くような状態もありその瞬間体は地獄でも心はポジティブだったようで次の瞬間に再生の窓が開かれるかもしれないと心を明るく過ごしていたようです。

膀胱癌とはどんな症状が出るのか?
膀胱癌とは男性の発症率が非常に高い病気になります。
喫煙者の方や工場の化学物質を扱っている人は発症率が高くなるようです。
他の腎臓などに移転しやすい病気になります。

スポンサードリンク

宮本大路さんのプロフィール

宮本大路さんは1957年2月10日生まれで、
東京都出身になります。

12歳よりジャズドラムを森山威男、ジョージ大塚の両氏に師事されたようです。
ジャズドラムもされていたのですね。
そしてサックスを富岡和男(N響首席奏者)、村岡健の両氏に師事していたようです。

高校は都立玉川高校

1976~1978年に音楽学校で有名なバークリー音楽大学に在籍。

Berklee College of Music プロフェッショナル ディプロマにもいたようです。

白のバリトン・サックスを使われることで
白バリサクとも呼ばれていました。

亡くなったことに対して
尊敬の意も込めて残念に思う人を多数見かけました。

それだけの実力者が世を去るのは惜しいことですね。

アーティストという生き方は素晴らしいです。
ご冥福をお祈りいたします。

アーティストが立て続けに亡くなられていて
川島道行さんも亡くなられてしまいました。
川島道行(ブンブンサテライツ)の死因や原因は?須藤理彩と現在までの闘病生活
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です