竹中良(ボクシング)世界チャンピオンの階級やwikiプロフィールは?

ボクシングの中でお先週は2度目の防衛戦を勝ち取りました。

東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ12回戦は10月13日に行われ竹中良さん31歳がランディーブラウンは3対0の判定勝ちで2回目の防衛戦に成功しました。

竹中選手は19戦15章8慶応3敗1分けと言う素晴らしい成績の持ち主です。

距離を取りながらカードを固めた。ディフェンシブな戦い方で決定打や連打は少ないものの、左ボディや右ストレートを的確に当てていき、ポイントを稼ぎました。

着実にポイントを稼いでいき、3対0の勝利を収めました。

スポンサードリンク

竹中良選手のwikiプロフィールは?

1985年5月22日生まれの熊本県出身になります。

血液型はO型です。
出身校は九州学院
大学は明治大学になります。
ボクシングは九州学院ボクシング部卒で明治大学ボクシング部を卒業されています。

プロ戦績は18戦14章8KO 3敗1分け

アマ戦績は90戦73勝17敗

と、ほとんど負けなしの素晴らしい成績になります。

ボクシングを始めたきっかけは、根拠のない自信があったからだそうです。しかしすぐに打ちのめされてしまったようです。

そこから努力を続けていきはい上がっていったのは本当に素晴らしいですね。

スポンサードリンク

アマチュア時代から竹中選手は持ち前の技術の高さがありました。

デビュー戦の時には明大ボクシング部時代から主な戦いの場としてきた聖地後楽園ホールでほぼ満席の観客でうめつくされていました。

30歳の時に東洋太平洋フェザー級一級になりました。

そして今回の10月13日のボクシング東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ12回戦で勝利を収め、2度目の防衛を迎えました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です