プミポン国王体調容態悪化で崩御後継者の息子ワチラーロンコーンとは

今日はちょっとした勉強会があったり仕事での打ち合わせのSkypeがあったりと色々と忙しい日でした。忙しいといっても緩急をつけたりして休む時は休んでカラオケに行ったりと仕事をする時や仕事をしてガッツリと勉強や仕事をして、緩急をつけて仕事をすることって本当に大事だなと思いました。本当に自由な時間を過ごすこともいいですし、仕事をガッツリすることもいいですよね。

息抜きをするのも最近は慣れてきましたが、変なところを真面目になりすぎて息抜きをするのもためらう時がありましたが、今はゆっくりする時はゆっくりできる気持ちができて本当に良かったです。

楽しむことしっかりと許した上で楽しむっていうのはほんとにいいことですね。

そして携帯をいじっていると、なにやらニュース速報が入ってきたのです。
タイの国王である
プミポン国王がなくなったと言う訃報が来たのです。
これは何やら大ごとだと思ってはみるもののタイのプミポン国王と言われても全くパットこなかったのです。

そしてツイートを見てみると名前が可愛いなんて言ってる人も多数いて、
誰もがパッとこない話になっているのです。

プミポン国王とは?

プミポン国王は13日に死去したようで70年もの長期間国家の危機を乗り越えてきたようです。そしてカリスマ的人気を集める国王なのです。そんな素晴らしい人なんですね。カリスマ的人気って素晴らしすぎですね。1927年12月父マヒドン新王の留学先のマサチューセッツ州で生まれたようです。タイ王国の国王なのにマサチューセッツ州で生まれたのですね。

マサチューセッツ州ってとてもいいずらいですよね。めちゃくちゃ噛んでしまいます。

プミポン国王の亡くなられた原因は

もともと病気であったことが原因のようです。深刻な感染症に感染したと言う情報があり、そして体も弱っていたために抗生剤が体に耐え切れなかったと言う可能性もあるようです。そしてうみぽん王国の素晴らしいところは18歳の頃から体を収めてきたと言う素晴らしい人物なのです。そんなことがなくなってしまい、本当に後継者がどうなるかとても心配ですよね。

プミポン国王はカリスマ的に国民を納めてきましたが、次期王の王国候補として息子のあちら論懇皇太子がなる可能性があるわけですが国民からの評判も悪く不安の声も上がっているようです。

次期国王は誰なのか?

皇太子が評判が悪いなんてということだと言う状況になりますが、なんと息子はなかなかのどら息子っぷりでナイトクラブに通ったり愛人探しをしたりとなかなかなドラ息子ぷりの生活をしている方になるようです。

なかなかそこの悪さが問題になっているようでこんな人に国を任せるなんてとタイの国民たちは震え上がっているのでしょう。そして、なかなか若い格好していますが、これでなんと64歳なのです。
64歳でナイトクラブに通い、愛人を探している次期国王候補これは恐ろしくて震えるしかないですね。

さらにバツ3です。

バツ3で愛人を探しているなんて本当にすごいですよね。

この写真は遊び帰りの写真ではなく、ドイツに訪問された時の写真のようです。皇太子が他の国に訪問しに行く時にタンクトップとジーパンで行ってしまうなんてそんな皇太子どうなのでしょうか。

そしてタイの王族に対する批判は不経済という罪に問われてしまいます。もしこちら論懇皇太子が王国となった場合、誰も文句を言えませんし禁固刑になってしまいます。

今までもラインでタイの王室を節するスタンプを作ったとして禁固刑になったり。壁にオフィスを批判する落書きをしたとして禁固刑になったりととても恐ろしいことが起きています。

即位はすぐに決定したようではワチラーロンコーン皇太子がタイ国王になったようです。

今後後継者はどのようになってしまうのでしょうか。後継者によって国の方向は左右されますからね。どのように変わっていくのでしょうか?今後見守っていきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です