腸管出血性大腸菌の潜伏期間や感染経路や治療法は?ユッケ食中毒!

世界の仰天ニュースを見ていたのですが、
色々と怖いニュースでできますよね。リアルタイムな話であったり、時事ネタを含めていろいろと怖いことはありますよね。

基本的には非現実な怖い話をしたりしていますが、今回は現実的な話すぎて本当に怖いことでした。テレビを見ていて実際に自分にも起こりかねないことなので怖いなと思って見てしまっていました。

スポンサードリンク

後悔の嵐は実際に飲食店で会食をしていた親子たちが起こったことなのです。焼肉店に行き息子のお祝いをしようとしたようなのですが、
その時に焼肉とユッケを食べたようです。その時にユッケを食べた時に、何やら大変な現象が起こっていたようです。
それが焼肉えびすで起こった大事件につながったのです。

焼肉えびすで提供していたユッケによって食中毒おこしたようです。O157やO111を起こしたようで、それにより腹痛を起こしてようで、そこから病院に入院し腸管出血性大腸菌と言うものになったのです。

そしてその症状の後に、テレビの話では息子さんは亡くなられてしまったようです。
この症状が発症し、そこから症状が酷くなっていき集中治療室に移動し、最終的には脳死を起こしてしまい、その半年後には亡くなられてしまったのです。

スポンサードリンク

潜伏期間は?

典型的な症状は2日から9日の潜伏期間の後激しい腹痛を伴い水のような便や血便がみられます。発熱は37度程度の軽度のものになります。

無症状の場合もありますし、重症の場合もあります。

感染経路は?

感染経路としては汚染された植物などを摂取することになります。今回の場合は生のユッケを提供したことにより、しっかりとしたトリミング処理がされていない小肉を提供したことによるものであるのです。

治療法は

治療は医師が病状に応じて判断するようです。

実際に見ていて本当に食事をしただけなのにこんなことになってしまうなんて、驚きの状態でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です