張本智和両親や小学校ラケットは?卓球ミライモンスター

img_56d25efe23e27

卓球の世界ジュニア選手権で6連覇達成

12歳で
卓球世界ジュニア選手権日本代表に最年少で選出

卓球世界選手権とオリンピックの優勝を目指していました。

小学5年生でおおお舞台に挑戦
全日本選手権では大学生に刃が立たず初戦敗退。

大人の選手のボールについていけなかったようです。

そこから1年後

丹羽孝希選手と戦いたいようです。
ここでもし勝つと福原愛さんの全日本選手権の最高記録になるのです。

宮城県仙台市の東宮城野小学校に通う張本智和君

どういう存在かと生徒たちに言うと、

現在164センチメートルで中学校のようです。

ザンザンというあだ名で呼ばれています。

コーチは智和さんのお父さんで、
中国四川省出身のプロの選手なのです。

小学校4年生まで、
張智和(ざんともかず)
だったのでザンザンというアダ名だったのです。

日本国籍にしたのは
全日本選手権にでたいということで、
日本人国籍を取得したのです。

オリンピックに出場したいというのが、
家族での夢になったのです。

張本智和くんが卓球のテーブルの端にコマを

チキータという回転技が得意なのです。
張本智和くんには追う1つの大きな強みが。
父の張本宇さんのアドバイスで試合の流れを変えるのです。

相手の癖を分析して劣勢な試合を変えていったのです。

父とは卓球付の毎日。

小学校が終わったら卓球をして、ご飯も卓球場で食べるのです。

外で遊んだりよりも優先して卓球をしてきたのです。

天皇杯全日本選手権に張本智和くんが大会にでたのです。

水谷隼選手などがでてくる試合に出たのです。

まずは鈴木誠選手との戦い。
3ゲームストレートで
試合時間15分で勝ったのです。

攻めすぎているところをしっかりいれこめたということでした。

吉田海斗さんとの戦い
またしてもストレート勝ち

遂に
オリンピック代表の
丹羽孝希との戦い

第一ゲーム1ポイントしか取れませんでした。

第2ゲームも取られ
第3ゲームも取られ
ペースをもっていかれたのです。

桁違いの強さなのです。

ここでお父さんのアドバイスが。
そこで劇的な変化が!
最後マッチポイントまでいっていたのですが、
9-11までなんとか食らいついたのです。
4-0のストレート負けでしたが
丹羽孝希選手は強さは小学生ではない
と褒めていたのでした。

最後に終わって何をしたいという時にゆっくり休みたいと話していましたが、
次の日にはもう既に練習していたのです。

ラケットやラバーはギャラクシャカーボンFRAを使っているようです。
なんと既にスポンサーが付いているようなのです!

それだけ強いとスポンサーもつきますよね。
これからの活躍に期待ですね!

東京オリンピックでの活躍を期待しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です