畠世周(巨人)のwikiプロフィール!球種や最速や高校大学や彼女は?

img_5809b247adeb7

巨人のドラフト大注目ですね。巨人はテレビで常に出てくるので、
ドラフト選手も誰が選ばれるかなとても気になりますよね。
巨人の高橋由伸監督は誰を選んだのでしょうか。

今回選ばれたのは畠世周選手なのです。
緩急を交えることができる。
ピッチャーでなんと約150キロのストレート持っているのです。

スポンサードリンク

畠世周(ハタケ セイシュウ)選手のプロフィールは


186cm 79kg の右投げ左打ちになります。
186cm の高身長を生かした投げ下ろすストレートは
畠世周(ハタケ セイシュウ)選手の持ち味ではないでしょうか。
名前の由来は
世の中が自分の良い方に回るようにということです。
今回のように世の中が自分の良い方に回ってきていますね。

平均140キロのストレートを使い、なんと最速152キロの持ち主のようです。

そして、スライダーやカーブ、カットボールなどの外の横の変化球を自在に操ります。

186センチと言う長身から叩き出される150キロを越すストレートは素晴らしいものがあり、素材がとても良いので、今後伸びしろがある選手になるのではないでしょうか。

畠世周(はたけ せいしゅう)選手巨人で鍛え上げたら素晴らしいいいピッチャーになりそうですね。

対戦バッターは球速以上にスピードを感じるストレートのようです。そしてフォークのキレがよく、それが強みになるようです。

スポンサードリンク

体重も72キロだったものを、1年かけて79kg までに増やし、坂道ダッシュなどで体幹を鍛えてきたようです。その地道な練習などを考えるとコツコツできるタイプで、本当に伸びしろがある選手ではないでしょうか。

出身高校は福山高校で2年生の秋に背番号10番をつけて初めてベンチ入りしたようです。エース番号を背負ったのは3年の夏からのようです。

飛び抜けた成績も残しておらず無名選手だったのですが素質はとてもあったようで近大に入ってから実力を伸ばしていたようです。

3年秋に関西学生リーグタイとなる3試合連続完封を記録をもっています。

2016年9月4日に同志社の試合で登録メンバーから外れていました。右肘の遊離軟骨が原因ということですが、本人次第ではあるものの、投球再開のめどは立っていないようです。今後どのような調整をしていくのでしょうか。

畠世周投手の動画は?

近大の時に畠世周投手が3試合連続完封をした時の一回戦の対関大の試合です。

ツイッターでは?

ドラフト会議は朝からずっと緊張していたようです。高い評価に恥じないようにと意気込んでいるようです。
桑田真澄の緩急をつけた等級が理想と考えているようです。

機会があったらコーチしてもらいたいですね!

時間があれば現役動画を見ていたようでお手本にして練習をしてきたようです。
桑田真澄はカーブですが畠世周選手の場合はチェンジアップでしていきたいようです。

巨人で活躍していく姿を楽しみにしています。

巨人ドラフト1位選手
吉川尚輝

巨人ドラフト7位選手
リャオレンレイ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です