北野武が紫綬褒章受賞を断った本当の理由や原因を東国原が暴露!

毎日毎日寒いですね。ほんとに体の底から冷える日々が続いていて、指先は冷たくてちょっと辛いときが多々あります。末端冷え性なのかなかなか指先が冷たくなるのはつらい物があります。

本当にあっという間に寒くなってしまいますよね。
土地柄がそうと寒くている場所です。秋も相当寒く他の土地では冬のような寒さになる時もあるのでそろそろ冬支度が必要になってきます。これからあの寒い寒い冬が来てしまうと思うとげっそりしてしまうほどです。

スポンサードリンク

先ほどバイキングを見ていたのですが、東国原さんが出ていたのです。
その時に北野たけしさんがフランス最高勲章のレジオン・ドヌールを受賞した。
と言う話になり、自分はコマンドゥールも実証されているので黒澤明監督をを越えたと言う話を北野たけしさんはふざけて言ったようですが、
それに対して東国原さんは天狗になっていると言う話をふざけて言ったのですが、
活字にされて言葉だけにしてしまうと、すごい冷たい印象を受けてしまいあまり良い印象を受けなかったようです。そして北野たけしさんに紫綬褒章を受賞されることになったようです。

スポンサードリンク

紫綬褒章は天皇陛下の間で学術、芸術文化の功労者に授与される褒章になるようで、それだけの素晴らしい所を断ったということで話題になっています。

紫綬褒章を断った人は北野たけしさんが初めてのようで、東国原さんは無欲なんですよ照れてるんですまっと言われていたようですし、金がもらえないからとふざけていたようです。
これだけ聞くと失礼なのですが…

北野武が紫綬褒章を断った本当の理由と原因は?

本当の実際のところは、北野たけしさんが紫綬褒章を受賞することによって天皇陛下の公務が増えてしまうことを悪いと思い遠慮して知事褒章を断ったようなのです。
紫綬褒章断ったというだけではそんなありがたい所なのに何をしているんだと思ってしまいますが、実はとても考えていることがあり天皇陛下が対するという時に仕事を増やしていけないというねぎらいの気持ちがとても素晴らしいですね。

それだけすごい賞をもらうにも関わらず、そのお気持ちのために断るのは本当にすごいなと感じてしまいました。

普通の人だったら喜んで受け取るところですけどね。そのような気遣いができるところがやはり北野たけしさんの素晴らしいところなのでしょうか?

そのあたりに人間観と言うか。
温かさを感じました。
知れば知るほど魅力が出てくる人ですね。
本当に素晴らしい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です