山口裕次郎日ハムドラフト入団拒否の理由や原因は?中学高校経歴は?

ドラフト会議は毎年盛り上がりを見せてくれますね。
そして今までのストーリーなども交えて構想されるので今後の履こう期待して行きたくなりますね。
1年に一度の大イベントですよね。
入団した人たちから言ったら人生のターニングポイントになります。
そのターニングポイントを積んで掴めるかどうかでもありますし
、運に任せる面もあります。

そこで自分が行きたかった球団かとかと言うところでも気分的なものも変わります。
やっていく内容で経験や実績変わっていきますね。

だからこそ選ぶのはとても慎重になってしまいますね。

そしてそんなドラフト会議でちょっとした問題が起こっているのです。

日本ハムからドラフト6位指名を受けた山口裕次郎投手が今回の事の発端になっているようです。

スポンサードリンク

山口裕次郎選手のプロフィールは?

名前 山口裕次郎(やまぐちゆうじろう)
大阪府寝屋川市出身
身長180㎝体重87㎏
左投げ左打ち
出身中学寝屋川市立寝屋川第二中学校
出身高校履正社

身長180㎝87㎏

山口裕次郎選手は、146キロのストレートをもち
変化球も多彩です。
スライダー、カーブ、シュート、フォークがあります。

スポンサードリンク

入団拒否の理由や原因は?

入団を拒否すると言う内容を発表しているようで、岡田監督が間に入り、仲介をとっているようですが、本人が行きませんと言っているので日本ハムからドラフト3位を受けてもプロに行くことはありません。と入団拒否をしているようです。

この理由として、ドラフト前に11球団に4位以下の締めであれば社会人野球へ進む方針を伝えていたようです。
それに対して行ったことを通したということなのでしょうか。

これにはいろんな考え方がありますね。
6位指名だとしてもせっかく入ったのに入団拒否するというのは今後また、プロに入団する時にそのような態度をとられたことがあとあとどの球団にも響くことになりますね。

もし入団したとしても、自分の心に嘘をつくというのが絶対的に嫌だったのでしょうか?そこまで4位以内ではならなかった何かがあったのでしょうか。親との約束なのか絶対的なものがあったのでしょうね。

JR 東に入団するということ言われているようですがその入団先もあまり良い印象受けないでしょうね。

そして、日本ハム側もる事前に4位以下であったら入団を断るということを言っていたにも関わらず指名して無理に取ったというところもあるのではないでしょうか。

岡田監督は今だったら修正できると確認をしたようですが、医師は変わらなかったようです。

筋を通して入団拒否をしたということのようですが、どんな選手でも順位が低いとしてもプロ野球に入って活躍することが大事であって、ドラフトの順位が大事であることは関係ないような気がするんですけどね。

社会人野球に入り、3年後の締めを待つと言う考えのようですが、なぜ4位以下にこだわり社会人野球でやりたがるのでしょうか。プロ野球の方が絶対的に環境的には良いでしょうし、どのようなこだわりがあるのか。

ツイッターでは?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です