大川小遺族裁判の理由や原因や賠償内容は?東日本大震災津波の裁判

大川小学校の賠償の件なんですが、賠償の一部を払うと言うことになったようです。
23億円の中から14億円の賠償を命じるということになったようです。

スポンサードリンク

大川小遺族裁判の理由や原因や賠償内容は?

賠償することになった理由としては、
予想区域外だったので、消防車などの呼びかけがあったようですが、当面の時間とどまっていたようです。

当面とどまるというのは非合法ではないようですが、広報や避難するための報道などがあったにもかかわらず、それでもとどまっていたようなのです。

それによって救えるはずの子供たちを救えることができなかったということで親の方々はそれに対して裁判を起こしていたようです。

東日本大震災が起こったことにより児童74人、教職員10人が犠牲になったようです。

スポンサードリンク

災害が発生した時に大川小学校に子供たちを校庭で待機させていたようです。
そして、川沿いの堤防に向かって移動したのが、地震が起きてから50分もの時間が経っていたようです。

その50分の間にラジオや子供一人に来た保護者たちが大津波警報を伝えて
防災無線のサイレンが鳴っていたり、候補者が避難を呼びかけていたのですが、すぐに裏山に登ったりスクールバスを使い避難するということをしていなかったようです。

避難させることができずにそのまま津波に飲み込まれてしまった状況になってしまったようです。
災害によって起こった事故ではなく、避難態勢がなかった学校に対して人災なのではないかということで裁判が起こっているようです。

何も広報などがされていない状態やサイレンがなっていない状態で逃げていなかったと言う場合でしたら何も訴えられることはなかったのですが、今回の場合は広報や防災サイレンが鳴っている状態で避難をさせなかったということが大川小学校に対して過失責任があるということで訴えられているようです。

学校側では大川小はハザードマップでは津波浸水域外だったと
請求棄却を求めていたようですが、
遺族側は明らかな人災であると主張をしていたようです。

大津波警報はでていたので津波を予測できたとして、
高台や裏山に非難させることができたと安全配慮を怠ったという
訴えをしていました。

そして今回、その件に対して過失責任があったということで賠償請求の一部支払いをするということになり24億円請求されていたうちの13億円の支払いをするということになったようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です