富士山麓のきれいな水回収の原因や理由の臭素酸とは?基準値超えの内容は?

いろんなお水発売されていますが、あれってホントにいいのやら悪いのやらわからないところですよね。飲んでみて思うのは特殊な匂いがするように感じるんですよね。これって本当に水だけなのか?と思ってしまう時があります。山梨県で28日にポッカサッポロフード&。ビバレッジが販売した2リットルのペットボトルの水の富士山麓のきれいな水」に臭素酸が基準値を超えて検出されたようです。

スポンサードリンク

臭素酸が基準値を超えてしまうなんてびっくりと思ってしまうのですが、それって何なのか?と思ってしまったわけです。健康被害の報告もないようですがこの臭素酸と言うものは何なのでしょうか。

水道水中のオゾン高度処理普及に伴い、その副生成物として生じる臭素酸などの酸化ハロゲン酸が注目されています。特に臭素酸は、その発ガン性の問題から、μg/Lレベルの高感度分析が求められています。

と言うもののようです。

 そして、基準値があり、
県の定期検査で、基準値の倍となる1リットル当たり0.02ミリグラムの臭素酸が検出された。商品を毎日27.5リットル以上摂取しない限り、人体に影響はないという。

スポンサードリンク

基準値の倍の量が入っていたというものの、27.5リットル以上摂取しないと人体に影響はないということなので飲んでもそこまで問題視する必要はありませんが、さすがに実際に来て飲んでしまった場合はいい気はしませんね。
回収もされているようですし。そこまで大きくない問題であるよかったですね。そんな問題であったらはごろもフーズに虫が入っていた問題は、本当に体問題ですよね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です