生活不活発病(廃用症候群)があさイチで話題!症状や予防や原因は?

最近いろんな病名増えてきていますよね。聞いたこともないような病名ってかずおおくあります。テレビなどで紹介されてこんな嫁もあったのか0と言う内容もありますね。もういろんな言葉が乱立しすぎてよくわからなくなることも多々ありますね。そんな新しい言葉として生活不活発秒と言うものがあったのです。全く聞き慣れない言葉なので、どんな症状なのかというのはとても気になったんです。

スポンサードリンク

NHK の朝の番組の朝一で生活不活発様が紹介されていたのですが、
生活不活発秒は動かないことによって全身の動きが低下することによって働きが低下していくことが影響のようです。体に起こる影響としては足腰が弱くなり、動きにくくなって立ちくらみなどがするようです。そこから胃腸の働きが低下して食欲がなくなり、心肺機能も衰えて動悸や息切れなども起こるようです。さらに、精神的なものまで影響を及ぼし物忘れがひどくなり、認知症な症状が出たり精神が落ち込んでうつ病のような状態になったりするようです。

動かない状態が続くことが原因のようで予防法などは生活を活発化したりできるだけ体を動かす環境を作るのが良いようです。一番良いのはその人は活発な生活が起こることができる。環境に身を置く事が良いようです。

スポンサードリンク

あさイチで紹介されていた内容に対して生活不活発秒に対して、あまり良いイメージはないようです。79歳になる母親の方が出ていたようですが、お料理が億劫になってお惣菜を買ったり、冷凍食品が増えてしまうと言うことをテレビでやられていたようですが、それに対して反発があるようで、さすがにその年になってめんどくさくなるのはしょうがないことであり、億劫になることは当たり前にあることなので79歳という年齢で完璧な生活を求められたり、食べ物も冷凍食品やお惣菜でもいいのではないか?という意見などもありました。生活不活発秒自体は体が動かし辛くなり徐々にいろんな行動が制約されたり国になってしまったり精神的に悪い状況になってしまったりと言う物に対しての理解はあったものの、朝一の内容では冷凍食品を使うことに対してやお惣菜を買うことに対してそんなに手を抜くことが悪いのか?と言う論点になってしまっていたようです。

以前まではしっかりと作っていたもののちょっとしたメインで少しずつ手を抜くということをしていたのかもしれませんし、それを生活不活発秒と言い切ってしまうのはやや問題があったのではないでしょうか。いろんな人の受け取り方と言うものがありますが、来たやはり病気の話となると受け入れ難い面がありますし、
違う視点から見るといろいろな意見も出てきますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です