堀越千秋(画家・陶芸)wikiプロフィール・家族やブログは?死因や原因調査

最近結婚の話が多いですが、結婚と言うおめでたい話があれば、
亡くなられた悲しい話などもいろいろあるものですね。
毎日常にいろいろなニュースがありますね。
嬉しい話もあれば悲しい話もあり色々なニュースがありますね。

その中で訃報受けた内容で堀越千秋さんが亡くなられたと言う訃報があったんです。
スペインを拠点に活動されている画家の堀越千秋さんが10月31日に亡くなられたようです。
67歳と言う年齢で亡くなられたようで、日本とスペインで終わる別れ会をする予定のようです。

スポンサードリンク

堀越千秋さんのプロフィールは?

1948年生まれの現在67歳です。大学は東京芸術大学を卒業しそこから大学院へ進まれています。
大学院では、油絵を専攻されていたようです。

そして1976年にスペイン政府が留学生を募集していた時に
堀越千秋さんは応募したようでそれに選ばれたようです。

そのきっかけでスペインのマドリードで活動されるようになったようです。
いろんなきっかけがあるものですが、政府が募集をしていてそれに応募し受かり、
そこからスペインに移住してしまうということもあるものなのですね。

そしてそれだけ才能や技術があったからこそできたことですね。
日本と行き来することも多かったようです。

職業としては書かなければなくエッセイストや陶芸家、
カンタオールと言うフラメンコの歌い手などをされていました。

やはりスペインに移り住んでいることが
堀越千秋さん自体に大きな影響を与えているのではないでしょうか。

代表的なものとしては、全日空の機内誌の翼の王国の表紙を担当されていました。

全日空を利用することありますが、
ひょんなことから素晴らしい画家の方の作品をを目にしていたのですね。

スポンサードリンク

堀越千秋さんの家族や子供は?

堀越千秋さんは奥さんの久美子さんと結婚されていて、
奥さんの久美子さんが喪主を勤められるようです。
スペインには奥さんと娘さんとで在住して35歳の頃に奥さんとは結婚されているようです。

堀越千秋さんは画家での実力は経済産業大臣賞を受賞されるほどの才能の持ち主なのです。

最近では陶芸に力を入れていたようで、
日本に陶芸をしに来てスペインに帰ると言う生活のしていたようです。
作品はプロ級のような作品を作られていてほんとに多彩な才能を持っていますね。

そして、エッセイストもやられているので本も出版されています。
赤道色のスペインやドン・キホーテで千秋という。出版もされているのです。
本当に多才な才能でマルチな方だったのですね。

しかし、このように作品をひとつひとつ残していった堀越千秋さんですが、
亡くなられても一生残り受け継がれるものがあるというのは素晴らしいですね。

私であったらこのように色々な作品を残せて、
多彩な才能を生かし、いろいろなことをやられた経歴があるというのはとても幸せなことだなと感じます。堀越千秋さんはブログもやられていてエッセイストとやられているだけの才能を生かし、発信されていたようです。

今現在展示会があるようで
11月12日から11月20日まで
加古川まちかどミュージアムで展示が行なわれています。

この機会に是非見てみるのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です