ドナルドトランプ大統領の日本のメリットやデメリットは?金融市場は

アメリカ大統領選ももめにもめましたね。そしてやっと結果がてたようですね。ドナルドトランプ氏は大統領に選ばれるようですが、実際のところヒラリークリントンがなったとしても、ドナルドトランプがなったとしてもどちらでも良いのですが、最終的に気になるのは、日本への影響がどのようになるのかと言うところが一番気になりますね。やはりメリットやデメリットの面であったり、金融市場がどのように変わっていくかなどは本当に気になるところです。さあドナルドトランプ氏は大統領になることで、どのような状況になっていくのでしょうか。

スポンサードリンク

ドナルドトランプ氏は不動産投資家として有名ですので、
その面ではお金の使い方は上手い人なのではないでしょうか。

そうなってくると金融の面では良くなるのかと期待できる面はあるものの、
ドナルドトランプ氏の発言で金融政策て行うこととして発言した内容で
財務長官にカールアイカーンを起用すると言う話をされていました。

そしてカールアイカーン紙自体もこれを受けるとお話をしていたようです。

カールアイカーンは投資家として最も成功している人の1人でカールアイカーン氏がTwitter でつぶやいただけで
アップル社の株価が5%も上がると言うほどの驚異的な人物なのです。

相場を読むという勘を持っていて素晴らしい投資家ではあるものの、
企業のっとる人と言う事で噂もされているようです。

そんな人が財務長官になると保有する金融資金に請願が制限がかかってしまったり、
企業ひいきしてしまったり株価重視の政策などが行われてしまい金融緩和が行われるのではないかということも考えられています。
日本の株価の低下になってしまう可能性もあるわけです。

スポンサードリンク

貿易政策でも製造業に打撃がある可能性が

日本から何百万台も自動車が流れているが、ほとんど関税がかかっていない日本が牛肉に38%の関税をかけているのであれば日本車に同率の関税を請求するつもりだと言う発言をされていたようです。

それが実現してしまうと、輸入関税の引き上げになり、日本の製造業はとてもダメージを受けてしまいます。

ドナルドトランプ氏はドル安が米国の国営にメリットになると進行していて日本の円安誘導を正面から非難しているようです。

ドナルドトランプ氏が大統領になることで市場ではとても緊張が走っているようです。EU の離脱ショックの二の舞でになるのではないかと噂されているようです。ニューヨークの外国為替市場はドル円相場が105円代前半に上昇しクリントン氏が勝利すると憶測がありドルが安全資産とされるとして円を買う動きがあったようです。

もしトランプ氏が大統領になればドルが売る動きが広がっていくようです。
トランプ氏が優勢となった時に急激に円高株安が進む懸念があるようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です