武田双雲氏ブログでADHD発達障害告白!ゲシュタルト崩壊とは?

img_56d7d571dda45

書道家の武田双雲さんがブログで、
ADHDという発達障害ではないかと告白しました。

学生時代に
どうしてもできなかったことがあり、
学生の時に椅子を作る授業で僕だけ完成せず椅子にならなかった
裁縫がまったくできなかった。
おにぎりも三角ににぎることができない。
箸もちゃんと握ることができなかった。
黒板の文字がすぐにゲシュタルト崩壊していく。
授業が次の授業にうつっていることがわからない。

という学生生活でできずに困ってしまったことを告白。

その他にも
バイトは3回とも首
学校では人と合わずに馴染めなかった。

でも、両親やまわりがそれを個性と受け止めてくれて、
恵まれててよかったという、

周りの支えがあったからこそ書道家としても
ここまでこれたということを綴っています。

さて、ADHDや発達障害、ゲシュタルト崩壊という聞き慣れない言葉がでましたが、
どういう症状なのでしょうか?

スポンサードリンク

ADHDや発達障害とは?

落ち着きがない、
そわそわしてしまい、貧乏ゆすりや机を指でたたく。

別のことに気が取られやすい。

思ったことをすぐに口に出してしまう。
ものをなくすことが多く忘れ物をしやすい。
仕事でケアレスミスをする。
約束を守れない、間に合わない。
時間管理が苦手片付けるのが苦手

という症状なのですが、
書いていて自分に当てはまるフシが多い・・・

といっても多かれ少なかれある症状なような気がします。

度合いにもよるかとは思いますが、
これが重度の場合になるのでしょうか。

逆に言えばADHDの症状に当てはまらない人は、
完璧な人なのではないのか?と感じてしまいます。

または、病名を付けたがり過ぎなのではないかとも感じてしまいます。

有名な方でスティーブ・ジョブズさんもADHDだったり、
栗原類さんもだったり実は身近な病気だったりもするのではないでしょうか。
それを病気というのか、あったところでどう対処するのかという感じです。

ゲシュタルト崩壊とは?

武田双雲さんが黒板の文字がゲシュタルト崩壊していくということを
書かれていましたが、

ゲシュタルト崩壊とどういう症状なのでしょうか?
同じ感じをずーっと見ていると、
感じがバラバラに見えたり、
この感じってこんなカタチだっけ?

どうやってかくんだっけこの漢字?
という状態を示すようですが、
ゲシュタルト崩壊崩壊する動画があったので見てみると。

こんな漢字だっけ?
というのが分かるような気がします。

これをゲシュタルト崩壊というようです。

スポンサードリンク

終わりに

武田双雲さんのADHDとは言われるものの、
大なり小なりどんな人でもあるような気がしますし、
ADHDでも武田双雲さんやスティーブ・ジョブズさんのように、
偉人が居るわけです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です